ただ何となく所領していた地を失った

2015年12月16日 06:34

761 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/15(火) 20:50:51.17 ID:CQuOImBi
関ヶ原の役が勃発すると、石田三成は織田常真入道(信雄)に使者を立て、秀頼の仰せとして伝えた
『急ぎ元の家臣たちを召し集め、軍勢を催し内府(家康)を討つべし!先ずは物の具の料として
黄金千枚を参らせ、また尾張の国は元の本領であるかた、領すること相違あるべからず。』

これを聞いた常真は喜ぶこと限りなく、やがて味方に参るべき旨を了承した。そして
「先ずは昔の家人たちを集め、物の具を揃え、馬を求めさせたい。
さらばその料に黄金を賜らん」
そうその使いに言い、奉行たちに乞わせた所、送られてきたのはただ銀一千枚であった。

「こんな事では、尾張の国を賜るというのもどうなることか…」
常真も流石に不安になりこの件を持て余していた所、子息の宰相(織田秀雄)が、越前大野の城で
父のこの所業を聞いて大いに驚き、急ぎ使いを出して言った

「如何なる事があっても、当家の人々が徳川殿に向かって弓を引き矢を放つなどと言うことが
ありましょうか?このような浅ましい約束はすべきではありません!」

そう教訓すると、常真も「それもそうだなあ…(是れも又謂れあり)、しかしこの上は
どうするべきか…。」

そのように悩んでいる間に、関が原の合戦が終わった。
子息の宰相は前田利長とともに大津の陣に参ったものの、父ため動きを取れず、
特に何もしていなかったので、ただ何となく所領していた地を失った。
常真はその後、淀殿の所縁につき大阪に下ってそこに住んだ。

(藩翰譜)




762 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/15(火) 21:04:20.83 ID:3JvDVqcG
ラスボスがのぶおとか秀秋にした仕打ちを治部は忘れたのかな
西軍が圧倒的に有利じゃなけらば、絶対に味方しないわ

丹羽長重がすんなり西軍になったのが奇跡

763 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/15(火) 21:52:48.26 ID:PYoQdxLi
前田利長との確執だろ

764 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/16(水) 01:43:00.15 ID:a9IDo31l
丹羽長重は前田に城明け渡せとか無茶言われて前田と対立した訳で、すんなり西軍てなんのことだか

765 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/16(水) 02:41:57.09 ID:pfM5X15r
関係ないけど以前から丹羽長重と丹羽長秀の名前を見る度
ビワハヤヒデの名前が頭をよぎる…
馬なんて興味

766 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/16(水) 02:42:22.82 ID:pfM5X15r
ないのにな
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    武士が常日頃倹約すべしって言われるのは常真みたいにいざというとき働けないってことがないようにだよなあ
    まあ寡兵の常真がいてなにかできるとは思えんが
    そこんとこは落ちぶれてもファイトで挽回した仙石秀久はスゲーと思うわ

  2. 人間七七四年 | URL | -

    このバカ息子は、若い頃に余計な時に兵を動かして信長からこっ酷く叱責されたと思ったら、
    その後の自信の大事な時には、ろくな戦働きをしないよね。
    普通は秀吉に織田家を牛耳られたのだから、今度こそ徳川家の元で再興をと思うでしょ!
    事前に信雄が岐阜中納言へ呼びかければ、説得出来た可能性あったのに。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    それが三介様の限界

  4. 人間七七四年 | URL | -

    なんてパッとしない男なんだ

  5. 人間七七四年 | URL | JalddpaA

    ちゃんと状況が見えていたのに巻き添えくらった秀雄の不憫な話でもあるな

  6. 人間七七四年 | URL | -

    それでも信長の直系として家と血を残してるからなあ。同タイプに氏真もおるけど。
    いかに有能だろうと家も血も潰しちまったら元も子もない。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    氏真さんはある意味人間味はあるしなぁ。
    大名・武将としては駄目だったけど、血筋も教養もスポーツも最高レベル。
    奥さんとの仲もいいし、結局最後は徳川家に養って貰った様な物だし。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    菅谷「子が状況を読めるんなら、いいですよ。親子揃って、自ら危ない状況をつくちゃう馬鹿親子がいるんですから。」
    天庵「いるんだよね。状況を読めない馬鹿が」
    守治 「いるいる、そんな奴」
    菅谷「あんたら、斬ってやろうか(怒)」

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    道雪(あれ?なんかちょっとだけデジャビュ…)

  10. 人間七七四年 | URL | -

    米7
    氏真さんは個の力はスゴイ人なんだよな。
    剣術も教養も高い人。
    集団のボスに向かなかったのかもしれない

  11. 人間七七四年 | URL | -

    あ~この時信雄がホイホイ誘いに乗ってくれた先例があるから、大坂の陣の際に島津に味方を頼んだりしたのかも

  12. 人間七七四年 | URL | -

    なんとなくの領土っていうけど息子の五万石うしなったわけで
    信包や有楽より厚遇ですよ

    いったいなにがしたかったんだろ
    石田もなにを期待したんだろ

    調べたら信雄の旧臣も有能なのは仕官して東西にわかれてるね
    木造さんとか土方さんとか兼松さんとか
    猫の手も借りたかったのかな

  13. 人間七七四年 | URL | 3aXRcdxk

    治部に味方して旧領ワンチャンもそれはそれで戦国の倣いとして分からないでもないが
    結局何もできないのが信雄クオリティで良いと思います

  14. 人間七七四年 | URL | -

    あ・一応信雄も「教養だけは」あったわw

  15. 人間七七四年 | URL | -

    実際はいい感じに巻き込まれて西軍に参加しただけなんだよな。
    しかし正直に書くと差し障りがあるので、本当は東軍に参加する筈だったんでよ~
    と粉飾してるだけと言う…

    まあ島津などでもそうだから仕方ないか

  16. 人間七七四年 | URL | 3aXRcdxk

    まあ内通してたら、吉川広家みたく関ヶ原後すぐ家康に従うわな
    秀元は激怒して大阪に行っちゃったけど
    でも江戸時代になってからウチやる気満々やってんとか吹いても良いこと一つもないし仕方ないね

  17. 人間七七四年 | URL | -

    >7
    「何となく所領していた地を失った」って
    「なんとなく所領してた地」を失った
    って意味じゃないと思うんですけど

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9676-c3605cf9
この記事へのトラックバック