仙桃夫人はとてもとても御仁心深く

2015年12月20日 17:21

106 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/19(土) 02:07:29.01 ID:vQ4u5pdt
天正7年、羽州比山勢(南部六郎、同七郎らが率いた時)が津軽へ押し入り茶臼館六羽川
で御合戦となった時、味方の弾薬が少ないので、すぐさま大浦城へ人を走らせたところ、
大浦でも蓄えは少なく、どうしたらよいかと慌てふためいた。

その際、夫人(戌姫。仙桃院。津軽為信正室)は多くの女中を集め給いて、錫類の器物を
ことごとく集めて丸を鋳造し、すりこ木を使って自ら合薬を作り、昼夜をかけて本陣に送った
ため、味方は大いに力を得たのであった。

――『津軽記』

仙桃夫人はとてもとても御仁心深く、御智謀も深遠であられて、為信公が御国家を治められた
時に、良く御内政を助けなさった。

桜田宇兵衛(為信公の功臣)の子・又七(後に斎藤平内兵衛とも、また桜田宇兵衛ともいう)や
折笠与七の子供などを慈しみなされ、皆を広敷に迎えて御長屋を建て、または御台所に置き
なされて、成長まで養育しなさった。

夫人が忠臣や孝子の類の子孫たちをこの如く扱われたことは、幾ばくあるのかを知れない。

――『斎藤平内兵衛由緒書』



スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    なんで、「とても」を二度書いてるんだろう?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    それはそれは徳が高いという事を表現するために

  3. 人間七七四年 | URL | -

    「政宗さまは、とても、とても人望が厚く、家臣に親しまれてました。」
    「忠興様は、それは、それは、愛妻家で、家臣にも親しまれてました。」
    「長可様は、それは、それは、戦で優れた方で、日本一の大将よ、と言われてました。」
    「家久様は、とても、とても、素敵なセンスをお持ちの方で、家臣にも親しまれてました。」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    そこは、忠恒か悪久で書いて(突っ込むところそこじゃない)

  5. 人間七七四年 | URL | -

    そんなにも徳の深い女性なら、何故あの悪どい城攻めを非難しなかったんだろうねぇ?
    自ら炊き出しだってしたくらいなのだから知らん訳ないし。
    幾らなんでもこんな程度の出来事で、持ち上げ過ぎな逸話だね。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    「忠恒様は、悪久と揶揄されてますが、それは、それは、凄く素晴らしい殿様で、家臣からも、領民からも、親しまれてました。」

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※3※6
    なお、家族や親類縁者は基本的に被害を被ったり、苦労したりしていた模様

  8. 人間七七四年 | URL | -

    「忠恒様は、悪久と揶揄されてますが、それは、それは、凄く素晴らしい殿様で、昔話に書かれるほど、親しまれてました。(棒))」

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    なぜか全部意味深に聞こえる。なんでだろう?(棒)

  10. 人間七七四年 | URL | -

    「最上義光は、鮭と妹LOVEということで、鮭様シスコンと呼ばれ、それは、それは、愛嬌のある殿様と親しまれてました」
    (´・ω・`)「これは、ほめてるの?けなしてるの?どっちなの?」

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※9さん、それは、酒で家臣を鞘で殴っても、奥さんをチラッ見したって庭師を殺しても、未完成の橋を見張りを殺して突破しても、奥さんを無理やり離縁させる暴挙にでても、人望が厚いからと思いますよ(棒)

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※11さん、離縁じゃなくて別居ですよ。
    系図は奥さんが所持しているから離縁しちゃうと藩主でいられなくなるから
    あの悪久は悪知恵ならいくらでも・・・ギャアアアア

  13. 人間七七四年 | URL | -

    「仙桃夫人だけでなく、津軽為信様も、とても、とても御仁心深い方で、村を放火して新たに家を建ててあげたり、(毒入り)お茶でおもてなししたりと、大変慈悲深い方でした(棒)」


    ※12さん、訂正ありがとうございました。別居して女を囲うなんて悪久様らしい振舞い・・・すみません、誰か来たみたいです。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    しかしまあ、初出の話が読めて嬉しかったです♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9686-26ebe3e9
この記事へのトラックバック