不吟味なる若輩者共の申し分

2016年01月15日 16:43

189 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/01/14(木) 19:02:51.36 ID:eUEOCpxp
天草国人一揆において、加藤清正が本渡城を攻めた折のこと。その本丸まで攻め入った時、敵三十人ほどが
甲・具足を着て鑓・薙刀を持って、どっと斬って出たのを、清正の軍は取り囲み、ひとり残らず討ち取って
その死骸を見ると、男は一人もなく、皆女人であったため、首を取らず斬り捨てにした。

この戦闘で、清正の軍に負傷した者が5,7人あったのを、清正の側の者たちが、いかに働くとも
女人に斬られ突かれるというのは弱いというように取りざたしているのを清正が聞いて、申し下した

「さだめてそれは不吟味なる若輩者共の申し分である。女人は逃れがたき所であっても、命を惜しむというのが
世の中一般に言われることだが、死を軽んじ、思い切って出てくる心中は、却って男子より堅固なものだ。
そういう相手に対し負傷したのは越度にならない。

そうでがあるが、女人には男ほどの働きは出来ないので、高名にもなり難い。

それにしても、一人残らず打ち捨てたのは、一段と気分が良い。」

そう仰ったのである。

(續撰清正記)



スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | GCA3nAmE

    女だろうが子供だろうが死を覚悟した三十数人がファランクスよろしく密集して突っ込んできたら
    そりゃあ少しは損害出るでしょうね。一人も死者がいなかっただけ清正の軍勢としてはさすがなんじゃない?

    しかし皆○しの遺骸を打ち棄てて「気分がよい」と言い切っちゃうせいしょこ様も、うーん・・・
    でも、武将としては普通の感覚なのかしらね

  2. 人間七七四年 | URL | -

    男だろうと女だろうと、敵だからね。
    ある意味大変平等な発言。

  3. 人間七七四年 | URL | Cnub/O7I

    いや最後の一言は余計すぎるw

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    女に苦戦するなんてと陰口叩いてた近習達を
    か弱い女性も場合によっては侮りがたい死兵になる事もあるよと諭した上で
    陰口を言われていた部下達を
    「(そういう侮りがたい死兵の集団を)殲滅したのは俺はGJだと思うよ」
    とフォローした逸話だと自分は解釈したので
    この場合の「打ち捨て」は「討ち捨て(首は獲らずに殺害)」という意味じゃないかな

  5. 人間七七四年 | URL | -

    フレイザード「女ぁ…? 笑わせるなッ!! ここは戦場だ! 殺し合いをするところだぜ。男も女も関係ねェ。強い奴が生きて弱い奴は死ぬんだよ!!」

    これを真っ先に思い出した


  6. ※4 | URL | -

    近デジだけど原文確認したら最後の清正の一言は
    「然といへ共一人不洩討捨たるは一段と気味能」ってなってた
    やっぱり「皆殺しにした死骸を打ち捨てる」じゃなくて「一人残さず討ち取る」って意味みたい

  7. 人間七七四年 | URL | -

    メンタリティ的な相違かもしらんね。

    第二次大戦とかで、砲兵や艦砲が初弾命中すると、いい大人がお祭り騒ぎになったんだそうな(しかも大隊本部や指揮所のメンツが大人数で)。弾が当たる確率が、1%とかだから、ホールインワン決めたときみたいに盛り上がるんだと。

    全滅させるのは、ボーリングでストライクとったときみたいな感覚なのかもしらんね。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    島原の乱の話だから、若衆には「戦を知らない世代」が増えてんじゃないのかな。
    戦場で死線を潜った経験のない奴らが、いきがって綺麗事をほざいてるイメージ。

    この頃から、「武士道」なるものが創られていくんじゃないか。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ヘイ、ボーイ!大人をからかっちゃいけないよ!
    天草国人一揆は天正15年(1587年)だ。
    島原の乱と一緒にしちゃあダメだぜ!

  10. 人間七七四年 | URL | Cnub/O7I

    ※8
    こいつ「島原の乱の何十年も前に清正公は死んでいるのを知らない世代」のようだ。

  11. あ | URL | -

    最後の一言で台無し感

  12. 人間七七四年 | URL | -

    女の方が戦で肝が据わってて強いって、忠勝も言ってたな

  13. 人間七七四年 | URL | USanPCEI

    折角の「部下のフォローできる上司」発揮したのに、
    慈悲の無さ露呈で台無しやな。

    武将としては良いのだが、国主としてはねぇ。

  14. 人間七七四年 | URL | TQl5Jic2

    本当は※4みたいなことなんだろうけどこれだと※1のような印象を受けるんだよな
    意訳は難しいという話

  15. 人間七七四年 | URL | -

    この逸話の天正天草合戦(天正17年=1589年)の頃の清正は27歳
    三方が原で(禁則事項です)した家康(30歳)よりも若い

    3000石の侍大将から20万石超の大名に抜擢されてまだ1年
    ※13の言うようにデキる上司の片鱗は既に見せているけど
    まだ国主としては未熟で一武将としての性格の方が強いんだろう
    とここまで書いて気付いたが清正も十分すぎるほど若輩者じゃねーか

  16. 人間七七四年 | URL | -

    いくら死にもの狂いで向かってくる女の集団だったからって
    皆殺しはないわーって話じゃないのか・・・?

    原文を見なきゃわからん話だが

  17. 人間七七四年 | URL | -

    ※16だが気分はよいって言ってるから完全に俺の誤読だわ
    スマソ

  18. 人間七七四年 | URL | -

    部下のフォローが目的と考えられるとはいえ「皆殺しスカッとしたぜ!」発言なこの逸話のみならず
    「酒が飲みたきゃ首取ってこい!」と長年連れ添った夫を激励する老婆のほのぼの?逸話
    (ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-9190.html)とかもそうだけど
    織豊期以前の「ちょっと良い話」って現代感覚から見ると偶にすごく血腥い

  19. 人間七七四年 | URL | -

    当時の人の心象ですから、現代人が読んでみたら
    色々と意識が違うのは仕方が無いですね。
    戦っている当人達からしたら、男女関係無く敵なのですから、
    それを倒す=気分が良いと云う感覚も当然なのでは?

    後、「、」が無駄に多過ぎるw

  20. 人間七七四年 | URL | -

    ※18
    その頃のお殿様なんて「お米が無いのならご近所に略奪に行けばいいじゃない」
    ってのノリのが大半だろうからねぇ

    覇道から王道へというか、民衆の人心掌握を気にするようになるのは、
    稼ぎの手段が自国での農業や産業主体となり
    ヤクザの首領から、総合企業の社長へジョブチェンジせざるえなくなる
    関ヶ原の後なのかもね

  21. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    「お前たちが死ななくて俺は嬉しい」に部下はキュン

  22. 人間七七四年 | URL | -

    戦国武将なんて今の価値観から見りゃ皆シリアルキラー

  23. 47 | URL | -

    ※22
    シリアルキラーの意味をよく知ってから使おうな

  24. 人間七七四年 | URL | -

    最近本当に当時の状況や時代背景を知らない・調べ無い癖にポンポンと
    発言する人が多くなってきたよね。自分が今なにを使って書き込んでいるのか、
    分かってるのかね?それを使って調べれば良いだけだよ?

  25. 人間七七四年 | URL | -

    ※19
    豊臣政権の人事考課制度では
    国民の掌握も評価ポイントとなってる
    「女も容赦なく沢山殺しちゃってスカっと壮快♪」
    とか言っちゃうお殿様とか、支持率下がりかねんし、
    しかも将来殺した人々の家族達が沢山住んでいるソコに、
    自分や子孫が転封とかなる可能性もなきにしもあらず。

    心で思っても、殿様たるもの言葉にしたらアカンって時代になってた。

  26. 人間七七四年 | URL | -

    >しかも将来殺した人々の家族達が沢山住んでいるソコに、
    >自分や子孫が転封とかなる可能性もなきにしもあらず。

    森長可・忠政「!」ガタッ

  27. 人間七七四年 | URL | -

    ※25
    なおこの天草国人一揆における清正の働きについての秀吉による評価は
    「悉切捨之由手柄候(悉く切り捨てたのは手柄である)」(天正17年11月21日付秀吉朱印状)

    さらに翌天正18年8月12日付秀吉朱印状(浅野長政宛て)には
    「百姓以下ニ至るまで不相届ニ付てハ一郷二郷も悉なてきり可仕候」
    ((検地に応じない)百姓などは一郷でも二郷でも全て皆殺しにしてよい)
    という文言が有るという…

    秀吉ェ……

  28. 人間七七四年 | URL | USanPCEI

    ※27殿
    皆殺しするのは、是非はともかく政策であり、
    実行するのは武士の仕事であるが、
    それを「一掃して気分良い」と表するのはまた別問題だからなぁ

    ※15殿が言っているように、清政は武人としては卓越してても、
    政治家としてはまだ未熟だったということだろう。
    いかんせん上司がずっと秀吉だったし、致し方あるまい。

  29. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    単純に向かってきた敵を殲滅できて良かったって感想を漏らしただけじゃないの。

  30. 人間七七四年 | URL | -

    そもそも天正天草合戦は小西領で発生して
    民心掌握の面から話し合い重視した結果早期鎮圧出来ず
    領地が隣接し肥後を実質共同統治してた清正の介入が発生したのであって…
    小西は本当に乙

    ※25のこれ

    >しかも将来殺した人々の家族達が沢山住んでいるソコに、
    >自分や子孫が転封とかなる可能性もなきにしもあらず。

    まさに関ヶ原後そういう事になって
    恨み買ってるし切支丹だらけだしここ俺が統治すんの無理って清正は天草を放棄して
    結局天草は唐津の寺沢広高の飛び地になるんだよね
    じゃあ特に怨恨も無い寺沢広高の領地になって天草の人達が幸せになったかというと
    そうでもないのが何とも難しい所

  31. ※19 | URL | -

    ※25
    だからさ、それを言うかどうかの事なんてこっちは書いてない訳ですよ。
    言うかどうかなんて正直本人でないのだから知らん!

    制度があろうがなかろうが、戦ってる当人達からしたら思う事くらいあろうよ。
    そう言うことさ。1から100まで守る奴の方が異常だよw

  32. 人間七七四年 | URL | -

    過剰反応自重すべし。

  33. 人間七七四年 | URL | -

    ※19=※31殿

    ワイ清正公さん大好き熊本民
    最近ちょっと暗にdisってるかのような投稿とコメント続いてる中
    擁護してくれるのは嬉しいけどちょっと落ち着いてクレメンス

    古い記事のコメントにある梅毒野郎とか小物連呼とか嫌味野郎とか
    いい話なのに悪意に捻じ曲げた解釈されて悪い話に投稿されてた頃に比べりゃまだマシよ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9737-421f4041
この記事へのトラックバック