軍書狂夫「午睡之夢」っていう小説があって

2016年01月16日 17:58

964 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/01/16(土) 00:45:33.25 ID:knB9DjzK
軍書狂夫「午睡之夢」っていう小説があって
ヨーロッパを支配したナポレオンがアレキサンダーやシーザーを蘇らせてアジアに侵攻して
それに対して中国は諸葛孔明を軍師にジンギスカンやティムールや項羽が対抗
一方中国から勧誘された日本は豊臣秀吉が漁夫の利を狙おうと画策。
楠木正成は武士にあるまじき振る舞いと拒否したため真田幸村が軍師になって孔明と対抗
なお途中の一騎討ちで

加藤清正vs関羽
佐久間盛政vs張飛
木村又蔵vs樊噲

という場面がある。
この本が明治17年刊行だから、当時は幸村=孔明レベル、清正=関羽レベルと思われてたんじゃないか

関連
近代デジタルライブラリー:午睡之夢 : 軍書狂夫
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/881948



966 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/01/16(土) 02:13:32.55 ID:u54HFJUl
>>964
ベタベタだけどすげー面白そう

968 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/01/16(土) 06:34:46.79 ID:gscrk4Z0
>>964
そんな昔に厨二大喜びな小説があったのか

969 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/01/16(土) 07:38:50.33 ID:l7Ys8WSi
>>968
そらお前、源為朝が琉球王朝の開祖とかの時点で、なろう小説とかわらないじゃないか

970 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/01/16(土) 10:33:22.39 ID:kaC62K3R
>>964
うっかり日本の歴史に名を遺すと
死後もやたらと召喚されたり女体化されたり忙しいにゃー

973 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/01/16(土) 14:11:34.22 ID:VQB9pWsr
>>964
フェイトみたいな有名人転生物の元祖って魔界転生かと思ってたけどもっと早いのがあるんだなw

983 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/01/17(日) 16:10:19.18 ID:c3m46MB9
>>964
近デジにあったんで目を通してみた。
・中国軍が欧州軍に勝利の後、ナポレオンを台湾(!)に流す
・対中国の軍議が紛糾した際、並み居る英雄豪傑の中にいきなり
 杉山地球守蓋世という作者のメアリースーが出てきて軍議をまとめる
・日中対決の場はまたしても朝鮮半島
・台湾からナポレオンが復活して、日本を襲う。しかも秀吉が斃れて、家康が後を継ぐ。
 もうめちゃくちゃだが、この時点で残りページ数が少ない。
 案の定、風呂敷をたためず、いきなり作者が夢から覚めて終了。

すごいものを見てしまった。

984 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/01/17(日) 16:23:34.62 ID:572Pakfc
>>983
>杉山地球守蓋世という作者のメアリースーが出てきて軍議をまとめる
クソワロタwいつの時代も変わらんなぁw

985 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/01/17(日) 16:46:32.04 ID:bUsPNyKz
地球守か、宇宙大将軍と比べるとまだ小物よ

987 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/01/17(日) 19:53:43.34 ID:LqN4OQEX
>>983
近デジに有るのかよって事で自分も開いて今から読むところだけど

「第六回 ナポレオン、力(ちから)ヒマラヤ山を抜き気アジアを蓋う」
(原文は片仮名部が漢字表記)

もう目次の文章だけで腹筋に候

988 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/01/17(日) 20:55:41.05 ID:sxNNr2BO
「午睡之夢」ってアニメ作ったら面白そうだ

989 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/01/17(日) 23:07:31.87 ID:v5ECu0Fy
初っ端がサンダンジャクル城(アクル)でシドニーとフェリポと対戦
フェリポがナポレオンの同窓というので矢文でフェリポがナポレオンに通じていると偽情報を掴ませ離間の策

…架空小説ならトラファルガーかワーテルローか、エジプト関係ならアブキール湾での逆転を使いそうなのに
攻略に失敗したとはいえ、なぜ比較的マイナーなアクル包囲戦を
http://i.imgur.com/2AudXr2.jpg
http://i.imgur.com/9jt5sRF.jpg
http://i.imgur.com/A4hvsVq.jpg

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >清正=関羽

    福島正則「ワシは!?ワシが張飛じゃないのぉぉぉ!?」

  2. あ | URL | -

    Fateというより無双オロチやね

  3. 人間七七四年 | URL | -

    鬼玄蕃さんはこの小説の世界だと生存ルートなんか

  4. 人間七七四年 | URL | -

    数年前携帯ゲームで似たような話のシリーズやってたけどこれが元だったんだな

    どうも制作スタッフ、この板に出入りしてた臭かったけどw

  5. 人間七七四年 | URL | -

    昔々、コーエー(当時光栄)が出していたダ・ガマという雑誌があってのう。
    そこで、三国志や戦国時代、ギリシア、ローマ、第二次大戦ドイツ軍とかが、入り乱れて料理作ったりする投稿企画があってのう。

    なんかそんな話を思い出す。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ナポレオン麾下の量産型元帥達が一山いくら扱いで薙ぎ払われる光景が見える…

  7. 人間七七四年 | URL | -

    豊久「何ぞ呼ばれた気がした」

  8. 人間七七四年 | URL | -

    大陸の理屈を前にしても通用しそうなのはオレたちの太閤様だよね!
    信長さんじゃない
    太閤様だよ
    大陸なら

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※8

    まぁ水滸後伝にも、秀吉と思しき「関白」という人物が出てきますからな

  10. 人間七七四年 | URL | -

    巨人軍が武器持って戦う物語が許される日本なのだから、それ以前にこう言う話が
    世に出ていても全く不思議じゃないねw

  11. 人間七七四年 | URL | -

    木村又蔵って誰かと思って調べてみたら予想以上にマイナーな人物だったで御座る

  12. 人間七七四年 | URL | -

    最初の話題に戻ってすまないが…なんか自分も正則=張飛って感じがw

  13. 人間七七四年 | URL | -

    >正則=張飛
    やはり酒癖の悪さか?wwwww

  14. 人間七七四年 | URL | -

    確かに清正は、江戸時代に「清正公信仰」として祀られてた。商売繁盛だけでなく、コレラが流行った時は「虎を退治したから、コレラも退治してくるに違いない」と病気を治す神様として期待されてたよ。
    関羽も「商売繁盛の神様」として、今でも中華街に祀られるしね。

    幸村は・・・徳川家康を追いつめた武将だけど、孔明と同等って、だったら幸村の父さんの昌幸が孔明と同等だと思うけど、幸村の方が知名があるからね

  15. 人間七七四年 | URL | -

    *6
    ダヴーさんだけはガチ

  16. 人間七七四年 | URL | -

    日本でのダヴーの異常な高評価って何が元ネタなんだろ。
    それこそ孔明や幸村並みの持ち上げられっぷりだよな。

  17. 人間七七四年 | URL | -

    ナポレオンならともかくアレキサンダーやシーザーは中国や日本の敵ではないだろう。ヨーロッパの兵法は未熟だし

  18. 人間七七四年 | URL | -

    天庵「上で挙がったいずれの傑物と戦っても生き残る自身がある」(勝てるとは言っていない)

  19. 人間七七四年 | URL | -

    たった17年でどれほどヨーロッパの歴史を学べたのかが気になる

  20. 人間七七四年 | URL | -

    コレラの当て字は「虎列剌」なんで虎に勝つのは清正とゆう連想から

  21. 人間七七四年 | URL | -

    ナポレオンの量産型元帥であちら(仏)で一番人気はランヌだっけ
    ダヴーは良くも悪くもストイックなのがいいのかね
    ハゲの希望の星だし

  22.   | URL | -

    ネイ将軍が一番有名だと思ってた

  23. 人間七七四年 | URL | -

    元スレで近デジで読めるという情報が書き込まれてたので見て来た

    ナポレオン麾下の量産型元帥ではオージュロー・ミュラー・マッセナ・ネイ・グルーシーが
    この順に登場してオージュローとマッセナが双璧扱い

    アレクサンダー大王麾下にちゃんとアンティゴノスとかプトレマイオスが居るので
    割とこの時代の西洋史の知識ってすごいのかも

    あと正則も馬超と一騎打ちしてたよ
    呂布vs真柄重郎左衛門とかいう恐ろしい対戦カードも有った

  24. 人間七七四年 | URL | -

    孔明「敵の大将は百日天下じゃと?
    ふふ、アジアには1ケタ台を叩き出したあの男がおる。あの男をわが方の大将に迎えるぞ!」

  25. 人間七七四年 | URL | -

    某総見院「つい最近、某本宮ひろ志殿がわしを主役にイギリスに攻め込む漫画を描いておってな」

  26. 人間七七四年 | URL | -

    マッセナさんこえー
    俺もマッセナ団に入らなきゃ

  27. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    ミシェル・ネイはガチ

  28. 人間七七四年 | URL | -

    グルーシィ「はいはい俺がオチ担当でしょわかってますよ」

  29. 人間七七四年 | URL | -

    ※28
    お気の毒ながら(実際そうでした)

    しかし元スレもここの※欄も
    皆さん予想以上にナポレオン戦争もお好きなのですな

  30. 人間七七四年 | URL | -

    ※23
    馬超「オレって市松枠なのか・・・」

    鬼武蔵「どちらかと言えばこっち側だろオマエ」

    富田長繁「完璧にワシら枠だよね、今だったら」

  31. 人間七七四年 | URL | -

    ※30
    自分たちがアレな枠だって自覚あったnd……いや、何でもないです

  32. 人間七七四年 | URL | -

    そういや鬼武蔵もちらっとだけど出てたな
    デニーロさんの方

  33.   | URL | -

    関羽がオージュロー(槍)、許チョとマッセナ(槍)が一騎打ち
    ネイが司馬懿を追いかけるが、司馬懿が分かれ道で冠を自分の逃げる方向に投げ捨てて、
    ネイはフェリポーと相談の上、裏をかいて冠と反対の方に追いかけて司馬懿無事に逃げる
    ヨーロッパを孫ピン率いるモンゴル軍に襲われたと知りナポレオンが引き返すのを(囲魏救趙)
    曹操と劉備が孔明のいうことを聞かず追撃し、殿軍に大打撃を食って引き返す。
    賈クが「もう一度来るとは思ってみますまい」とふたたび曹操たちに追撃させ、今度は大打撃を与える。
    ナポレオン戦史というより史記や三国演義だな

  34. 人間七七四年 | URL | -

    アレクサンドロス、カエサルを復活させたのなら次はハンニバルにスキピオでしょと思ったけど、この頃の日本では両名ともまだ無名だったろうね

  35. 人間七七四年 | URL | -

    ※32殿
    親指武蔵が出てたのですか!びっくり

  36.   | URL | -

    ハンニバルはいるぞ
    第1陣:アレクサンドロス大王(ギリシア):70万人
    第2陣:カエサル(ローマ):50万人
    第3陣:ポンペイウス(ローマ):70万人
    第4陣:シャルルマーニュ(フランス):40万人
    第5陣:ルイ14世(フランス):30万人
    第6陣:ラファイエット(フランス):20万人
    第7陣:総大将ナポレオン(フランス):100万人
    第8陣:アレクサンドル1世(ロシア):50万人
    第9陣:黒太子エドワード(イギリス):10万人
    第10陣:クロムウェル(イギリス):30万人
    第11陣:ウェリントン(イギリス):20万人
    第12陣:ハンニバル(カルタゴ):20万人

  37. 人間七七四年 | URL | -

    *16
    Wikiの記載を2割引にしても、相当優秀に思えるけど、、、

    *33,*36
    むしろドリフターズというか(呆)
    しかし、東西どっちもそうだけど、登場人物のトップに立ってまとめるのに、カリスマ値がどんだけ要るんだよっつーメンツだな。

  38. 人間七七四年 | URL | -

    ※37
    カリスマ…キリストvsブッダならいける!(聖兄並感)

  39. 人間七七四年 | URL | -

    ※36
    あの時代によくこれだけの名前を知っていたよね。
    この作者本当に日本人だったのか?

  40. 人間七七四年 | URL | -

    ※39
    何をおっしゃる。今の時代でもコレだけの名前が出るのは、
    歴史オタクぐらいなもんよ。

  41. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    ノブじゃなきゃ無理

  42. 人間七七四年 | URL | -

    ゲーム化希望w

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9743-403a93f7
この記事へのトラックバック