FC2ブログ

鏃をその場で抜かない場合は

2016年01月20日 19:18

993 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/01/20(水) 03:55:31.01 ID:8QvfyOqv
朝鮮出兵の際、晋州の城攻めの折に、加藤清正の家来・矢木八右衛門
という者は、具足の綿噛に矢を射付けられた。

これを取って抜くと、矢柄だけが抜けて鏃は止まってしまった。しかし、
その場は差し迫っていたので、鏃をそのままにして城へ乗り込んだ。

さてその夜、矢木は陣屋へ帰って鏃を抜こうとしたが、肉に食い込んで
締まり、抜けなかった。そこで傷を足で踏み付けて鉄鋏を使い、ようやく
鏃を抜いたということである。

ある老功の者が言ったことには、「鏃をその場で抜かない場合は、肉に
食い込んで締まり、抜けないものだ」ということである。

――『常山紀談拾遺』



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    綿噛=肩上ってことで肩の部分なのね。メッチャ痛そう。
    足で踏みつけて鏃を抜くといえば、山内一豊の話もあるね。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    膝に矢を受けてしまってな

  3. 人間七七四年 | URL | -

    古くは鎌倉景正が目に矢を受けながらも戦い続けた

  4. 人間七七四年 | URL | -

    太史慈「そう言われてもな」
    典韋「そう言われてもな」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    抜かなかった時どうなるかの知識は知っていたけど、
    それを扱った具体的な逸話は初めて見たので有り難いです。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    (先に言っておいてよ‥)

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ( ●▽ ̄)「俺の左目は、実は矢で負傷したんだ」
    (´・ω・`)「まーくん、嘘は駄目だよ」

  8. 人間七七四年 | URL | -

    忠勝「これは知らなかったわーいざという時のためになるわー」

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    (´・ω・`)「というか、左目負傷したら両目見えなくなるよね?」

  10. 人間七七四年 | URL | -

    山内一豊「矢が刺さったら草鞋で踏まれてもぬかなきゃだめだぞ」

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    夏侯惇「親から頂いたものはちゃんと食べないとダ~メ」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9750-850826a9
この記事へのトラックバック