親に不孝な人は運が悪いと申すことは

2016年01月22日 17:08

5 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/01/21(木) 23:02:07.90 ID:XY4nnJys
親に不孝な人は運が悪いと申すことは天のなすことである。
 
 今武田流は軍学に一あって二ない軍学であるが、その軍学も間に合わず武田家が滅亡したのは何事であろうか。
 これは信玄公が父信虎公へ不孝であり、その他にも甚だ残忍なことがある大将なので、滅亡なさったのだろう。

 また、川中島合戦は古来から甚だ難しく、この戦で信州一円を信玄は領しなさりましたので、まずは勝ち戦の様に聞こえますが、
武田家は御舎弟左馬頭信繁殿をはじめ、歴々の名のある武士に討ち死にが多かった。
上杉家には格別名のある武士の討ち死を伝え聞いておりません。
 そうであるなら勝ち負けはまずなく互角の戦で、武田家は名のある武士を討ち死にさせて、信州一円を取りなさり、
上杉家は名のある武士を打ち取って、信州を武田家に渡されたということであろう。
(本阿弥行状記)



スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    運が悪くて100万石まで領土を増やせるかよ。勝頼が戦下手だっただけだろう

  2. 人間七七四年 | URL | 0No1mFVo

    戦争に強ければ領土拡張できるのはゲームの中だけ、戦の強弱だけで領土拡張できるなら、何度も戦に負けている信長については何と見る?

  3. 人間七七四年 | URL | o8MchJQo

    信玄は運も良かった。勝頼は運が悪かった。極論するとそれだけ。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ~本能寺にて~
    信長「あっ!これ葬式の時のあれのせいか!」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    人材の消耗って痛い問題だからな
    長宗我部家も戸次川の戦いで後継ぎだけでなく人材もかなり失ったのが落ちぶれた原因の一つだろうし

  6. 人間七七四年 | URL | -

    (´・ω・`)「わしも家督争いで、父を隠居させたが、それが運が悪いとは知らなかった。」
    宗麟「わしも」
    軍神「わしは兄と争ってるが、現在も続いてるがな」

  7. 人間七七四年 | URL | -

    つか武田の滅亡って信玄時代の無茶が原因だし
    信玄時代の無茶って信虎時代の無茶が原因だし
    信虎時代の無茶がなかったら甲斐は北条か今川の支配下くさいしねえ

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    いろんな意味で最初から詰んでるな、武田家は……

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    頑張った甲斐がないね。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    勝頼の方が領土広げたよ

  11. 人間七七四年 | URL | -

    信虎は反対する一族を滅ぼすなど力を見せつけたものの最後は信玄や板垣たちに国を追われた
    信玄は武田全盛期を作り上げるが対外的に信義に反する行動が多すぎ禍根を残した
    勝頼は信玄の負の遺産もあったが自身も駆け引きや外交が下手すぎ滅亡に至った

  12. 人間七七四年 | URL | -

    信長の負け方と勝頼の負け方は戦争の上手下手の差が大きく出てると思う

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    しかしそれを言いだすと上杉禅秀の乱までさかのぼらなきゃならないな。
    天目山で自刃第1号の
    武田信満の滅亡から、甲斐の長い長~い 混乱が始まるし。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    この書き方、どうせ本阿弥だろうなと思ったら、やっぱり本阿弥だったw

    戦は外交の延長線上にあるものでもあるから、それが失敗すれば戦は自然と増えてしまう。
    勝頼の場合は、織田家・徳川家の本格侵攻が始まる間に内と外で失敗してしまったからね。

    でも親父と家臣や他家の影響もあるから、勝頼だけ責めても流石に可愛そうだし、何より
    公平じゃない。

  15. あ | URL | -

    政宗「え?もしかして親父殿撃ち殺さなかったら天下取れてた?」

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ※14
    あれだけ領土を拡大すれば敵をたくさん作るのは当然。信玄はそれを抑え込めて、勝頼はそれを抑え込めなかったのはやはり勝頼の力量の問題が大きいと思う。

    信長が家督を継いだ時問題がたくさんあったがそれらを解決して国をまとめた、勝頼はそれができなかった。

    あれだけの大国を継げば色々な行動ができるのに有効な手立ても取れずに親父のせいで滅んだは泣き言にすぎないのでは。
    勝頼にそれを解決するだけの器量がなかったんだと思う。

    もちろん色々なことが理由で国が滅ぶけど、この武田家の滅亡は勝頼の内政戦争の稚拙さが滅亡を招いたと思う。

  17. 人間七七四年 | URL | TQl5Jic2

    ※16
    色々な行動はしたと思うが・・・
    信玄が抑え込めて勝頼が抑え込めなかったのは官位が継げなかったとか信玄の問題が大きいから信玄のせいという風潮になりつつあるわけで

  18. 人間七七四年 | URL | -

    実際、信玄と勝頼じゃ家督継承や近隣の状況もまるで違うのにその辺ガン無視して勝頼一人だけの責任みたいに言うのは無茶通り越して暴論に過ぎると思うの

  19. 人間七七四年 | URL | -

    ※18
    もちろん状況は違うのは分かってるけど、それを解決するのが国の主として大事な能力だと思うんだ。
    それに勝頼のほうが信玄が家督継いだ時よりも有利な点もたくさんある。動かせる兵の数も段違い。

    家臣が言うことを聞かないなら聞かせて、官位が必要なら手に入れて、敵が同盟していたら離間をしかけて、川が氾濫していたら堤防を築く、道がないなら道を作る、敵がやる気満々ならダラけさせる、敵が城に篭っていたら誘い出す、不利な地形を避けて有利な地形で戦う。
    こういう能力が大将には必要で勝頼にはそれが欠けていたから滅んだように見えるんだよ。

  20. 人間七七四年 | URL | -

    戦国大名はゲームプレイヤーみたいになんでも自由に
    決めれるわけじゃ無いからな

    下手をうつと家中から吊るされちまう

  21. 人間七七四年 | URL | -

    本人が生き残るためにどれだけ頑張ろうとも、外的要因が原因で滅びるときは跡形もなく滅びるもんだしねぇ…
    (帰雲城の方角を黄昏た視線で見つめながら)

  22. 人間七七四年 | URL | -

    ※19
    その論法だと、どんな状況でも逆転できなければ
    その時の当主の責任になってしまうが、いいのか?

    状況は違うのは~と言いつつ、状況を無視してる

    あとこの記事でdisられてるのは信玄だから

  23. 人間七七四年 | URL | -

    勝頼が様々な要因で出来なかった事を挙げてしなかった、って言うのは違うと思う

  24. 人間七七四年 | URL | -

    近頃の勝頼age信玄sageの風潮は
    何も「信玄全否定」、「勝頼全肯定」な訳ではない
    ていう事を踏まえた方がいいと思う

    勝頼age信玄sageと言ってる人でも
    それはそれまでの評価と比較しての話で
    どちらが優秀か?と聞かれれば
    「信玄>勝頼」という人が大半だと思う

  25. 人間七七四年 | URL | -

    >何も「信玄全否定」、「勝頼全肯定」な訳ではない
    誰もそんなこと言ってないのに勝手に発言捏造されてもね…

    >どちらが優秀か?と聞かれれば
    そういう話じゃなかっただろ。ちゃんと読んでからもの言え

  26. 人間七七四年 | URL | -

    ※25
    深呼吸しよう、な

  27. 人間七七四年 | URL | -

    ※26
    むしろ流れをガンスルーした※24に進めるべきではないかな?

    てか世代も前提条件も違いすぎる人物を並べて、どっちが優秀とか
    比較できる訳ないじゃないかと

  28. 人間七七四年 | URL | -

    ※27
    流れってなに?(素

  29. 人間七七四年 | URL | -

    誰しも最初から名将は生まれないし、戦に勝ちもあれば負けもある
    それを親不孝だからだ~てのは無理あるよ本阿弥さん

    ※16
    後からなら誰でも何でも言えるし、大名が一人で勝手に家を自由に出来ないしね
    他の人も言ってる通り、家も国も状況が違いすぎる
    それを器量の一言で片付けようなんて甘いにも程があるでしょうに

    ※16が勝頼嫌いで器量がないんだ、だから武田が滅んだんだ、と言うのは勝手だけどさ、
    それを他の人達に押し付けんでくれ(もしくはそう見える書き方はどうかな)

  30. 人間七七四年 | URL | -

    最大勢力の織田との同盟破棄して殴りかかった途端に信玄が死んじゃうのは
    タイミングとしては最悪だと思うw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9755-80b490d6
この記事へのトラックバック