秀吉公とても忠義の人に非ず

2016年01月23日 10:09

9 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/01/23(土) 01:51:56.84 ID:OQs1dSBS
 唐土も本朝も、主君が征伐なさる官軍の他は皆貪兵と申すもので、戦に負け滅亡すると大将へ罪を負わせるものであります。
義兵は至って稀なものと考えております。

 これについて明智日向守(光秀)殿が悪人である事は誰もが存じていますが、
この人としても老年ということもあり、善悪の区別が無い人ではなかったが、信長公の御心が小さく
御身亡き後の信忠公の代で軍学といい、武術といい、その代に並びない日向守を生かしておいては、天下危うしという
信長公の深いお考えから、光秀に無理ばかり仰せられ、必ず謀反を起こすだろうという程の御仕置きをなされたので、
却って光秀が先をとったものと承っております。

 秀吉公とても忠義の人に非ず、信長公の御孫信秀公を天下へ据えられるところを、自分自身が天下をお取りなされました。
不忠不義は日向守も同じ事でありますが、秀吉公の悪はめぐり合わせがよく隠れているだけでございます。
(本阿弥行状記)

ここでは、本能寺の変は怨恨説ですね



10 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/01/23(土) 08:57:07.53 ID:sF8lhDa4
本阿弥はなんか太閤に親でも○されたの?
太閤の治世は色々問題があったとは言え、ここ最近の本阿弥系統の逸話は悪口が多いように感じる

悪い話スレだから仕方ないかも知らんが
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    本阿弥行状記を書いたのは光悦の孫だったから、恨みとか以前に
    その頃の認識がそうだったというだけなんじゃなかろうか

  2. 人間七七四年 | URL | -

    下のスレもそうだが
    スレタイ見ただけで本阿弥行状記出典だとわかる

  3. 人間七七四年 | URL | -

    光悦は1558年~1637年ころまで生存
    光甫は1601年~1682ころまで生存
    家記である以上、世情の影響が在るとは思うけど、
    家人達がそう言った考えだったとも思う。

  4. 人間七七四年 | URL | Cnub/O7I

    伏せ字の○には「犯」て字が入るんだよな?

  5. 人間七七四年 | URL | 3aXRcdxk

    そういう意味での悪を行わずに天下とったのは、一応頼朝?ぐらいだと思うんですが
    つまり悪を行う機を見定め逃さないのも天下人の資質

  6. 人間七七四年 | URL | -

    世情がそうだったとも思わんが
    そもそも書いてる奴等にこそ忠義は無さそうだ。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    確かにここまでいくと私怨、悪意を感じるな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9756-4471a23b
この記事へのトラックバック