葛西・大崎一揆勃発

2016年01月25日 15:16

13 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/01/25(月) 01:40:42.53 ID:GtrZCsB2
天正18年8月、豊臣秀吉は奥州会津・白河・二本松において90万石を蒲生氏郷に
与え、葛西・大崎を木村伊勢守(吉清)に与えた。伊勢守は登米にいて、嫡子の
弥一右衛門(清久)は古川におり、家来各々へ知行を分け渡した。

その中で岩手山を領する某という者は、自領内の農人の子を召し抱えて、小姓に
使っていて、いつも自分の髪などを結ばせた。

その某は前述の小姓の親に非分の事を言い掛けて苦しめていた。その親を、死罪に
すると決まった時、その小姓はいつものように主人の仰せにより、髪を結び掛けたが、
やがてその髪を取って某を引き倒すやいなや、一刀で某を刺殺した。

この事は誰言うとなく領内一円に知られ、たちまち百姓一揆が起こり、その日のうちに、
木村父子の家来を30余人打ち殺した。

これより一揆はますます大勢になり、国中が騒動に及んだので、伊勢守は古川へ
行って弥一右衛門と一所になろうと乗り出し、弥一右衛門は登米へ行って父と一所に
なろうと乗り出した。2人は途中で出会い、それから父子は佐沼の城へ籠ったが、
終いには家を亡ぼした。

――『明良洪範』



スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    大崎さんが一番割を喰った悪い話

  2. 人間七七四年 | URL | -

    農人の子は見た目が可愛かったんやろか?w

  3. 人間七七四年 | URL | -

    岩手山じゃなくて岩出山じゃない?

  4. 電子の海から名無し様 | URL | -

    こんなん殺されて当然じゃねーか…

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    政宗が移封された時に岩出山に改名したのでこの時は違います。
    ただ、改名前は岩手沢だったので2つの名前が混ざってるのかも。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    某が小姓の親に酷い事をしてるのに、小姓をそのまま召抱え続けるって・・・
    どう考えても死亡フラグやん

  7. 人間七七四年 | URL | -

    実際は伝馬役のトラブルで、逆らったやつをドサッと磔にしたのが祟った模様

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9762-64c1ba85
この記事へのトラックバック