生駒騒動

2016年01月26日 17:55

38 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/01/26(火) 17:01:09.85 ID:H4d7WJ4x
生駒壱岐守高俊は、藤堂高虎の外孫であり、土井利勝の婿であった。しかし彼は天性愚かなる人物で、
世の笑い草に成る事ばかり多かった。

生駒家の家老、石崎若狭・前野助左衛門という者二人は常に江戸にあり、中でも前野一人が
計らいとして生駒家全体を差配していた。それは在国している家老等には納得出来ないもの
ばかりであったが、前野は常に「御舅土井殿の仰せである」或いは「幕府執政の人々の旨を得ている」などと
言い送ったため、「ならばかの人々の仰せに背くのは、家のため然るべからず」と、曲げてその旨に従った。
そのようであったから、生駒家の政治は日々月々に善からぬこと多くなって行き、武士も領民も怨み苦しんだ。

ここに至り、在国の家老である生駒将監は「このままでは家が滅びるのも遠からず」と、密かに江戸に参り、
幕府の執政の人々に「高俊が家の事すべからく、早く関東よりのご沙汰を止められ、父祖の例によって
国の静謐を致すべきです!」と訴えた。

これを聞いた執政の人々大いに怪しみ、先ず前野助左衛門を召喚して尋問した。しかし前野は
「皆様の御下知を承らない事を、私がどうして国元に申し送るでしょうか?」
そう陳じた。このため生駒将監前野助左衛門の両名を召して対決させた。

生駒将監は何も言わず、懐中より一枚の書状を出して執政の人々に捧げた。
彼らがこれを見てから「それを前野にも見せてください」と申し上げた。
前野はその書状を見ると思わず吹き出し、執政の人々に向かって言った

「これは将監の元から鯛二つが送られた時、私が送った礼状です。一体どういう意味があってこんなものを
ここで披露するのか。こんな不思議の事をやるような男ですから、今回のように跡形も無いものを訴えたり
するのですよ!」

将監、人々に向かい
「この書状は前野自ら書いたものか否かを尋ねて頂けますか?」
前野は人々より聞かれるより早く「勿論私が書いたものだ」と応えた。

「ならばその書状を返していただきたい。」そう言ってこれを再び懐中に戻すと、今度は別に大量の書状を
取り出した。それは数年に渡り、前野が、土井利勝を始めとした幕府執政の人々の仰せを承ったと騙り、
自らの心のままに国務を沙汰した文書であった。それらは全て、前野自身の筆跡であった。

ここに至り前野は争う様子もなくひれ伏した。執政の人々大いに怒り、彼を即座に搦め捕って禁獄した。
そして即座に生駒高俊およびその家臣たちを召喚し

「高俊が天性愚かである事、知らないわけではなかったが、父祖の功を捨てられぬため家を継がせたというのに、
このように家が乱れた上は、今後国を与えておくわけにはいかない。
しかし、心が至って愚かである以上、その罪も重くはない、とも言える。」

そう沙汰し、別の義を以って所領一所を賜った。
前野は一族尽く誅せられ、石崎若狭は、同じく江戸にあり、前野の振る舞いを見ていながら彼に従ったこと、
その罪逃れるべからず。しかし前野とは罪の科は同等であるべきではないと、誅殺は彼自身のみに留まった。
その他の家臣たちも、その罪の軽重によって尽く刑が行われたという。

(藩翰譜)

「馬鹿だから罪一等を減ずる」というのもひどい話ですな。



39 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/01/26(火) 17:13:55.78 ID:Kn7fuvcZ
現代の精神鑑定してなんちゃらってのと同様やね。昔の記録にもちょくちょく出てくる
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    国持が改易された大事件なのに未出だったのか・・・
    生駒地味すぎやろ

  2. 人間七七四年 | URL | -

    告発するときは証拠を鬼のように集めるべし

  3. 人間七七四年 | URL | -

    生駒って親正・一正・正俊・高俊と意外と代を重ねてるわりに逸話少なすぎじゃね?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    間違った統治をしたが馬鹿だったなら悪意は少ないだろう。
    家臣の専横に任せたが馬鹿だったなら止められなかったろう。

    こういうことか。現代風に言えば禁治産者(成年被後見人)レベルが殿になった悲劇か。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    実在するかどうかわからない
    生駒吉乃(信雄生母生駒氏とは同一人物だが別人)ですら
    ここでは影うっすいしなあ

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ここで紹介されてる数少ない生駒家の逸話ですら、後味が悪いと言うか、普通に悪い話と言うか…

    そういや、一昨年丸亀城いってみたんだが、生駒の事は本当に必要最低限しか紹介されてなかった覚えが……
    いや、今はどうなってるのか分からないが。もしかしたら色々増えてるかもしれないしな…

  7.   | URL | -

    ※1
    生駒騒動は江戸時代のお家騒動ってイメージだし

  8. 人間七七四年 | URL | -

    この時代に重臣間で泥沼抗争を繰り広げていたらその先は改易であることくらい分かりそうなものなのに 
    誰も最上家の末路を思い出さなかったのか?
    はっきり言って高俊だけではなく関係者全員馬鹿だよ

  9. 人間七七四年 | URL | -

    幕府も幕府だよな。黒田騒動の際は藩主交代と家老追放で両成敗にして軟着陸したのに
    これも藩政混乱の責を負わせるなら、せめて藩主交代に前野切腹で様子見だろ。その上で又ダメならしょうがないが。
    何と言っても前野が舅の土井を筆頭に幕府の威を借りて居るのだから、高俊の賢愚に関わらず前野の暴走は止められないと思うんだがな。更に言えば前野は後見の藤堂が意図的に力を与えて居るのだから幕府公認と同じ。
    幕閣の責任逃れのためにお取り潰しにしたとしか思えんわ。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    結構な大藩なのに後藤又兵衛とか飯田覚兵衛みたいな有名家臣もおらんしなぁ。果てしなく地味だわ。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    一応この時代なら藤堂家からの借りものだけど西島八兵衛って言う農水省のホームページでも顕彰されてるくらいの能吏が生駒家で辣腕揮ってたんだけどね

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    一時は藤堂高次の計らいで参勤交代で江戸へ来てた石崎、前野、生駒帯刀の両派の頭目3者の喧嘩両成敗の切腹ってことで3人も承諾して藤堂屋敷にいたんだけどね
    それを知った高俊がそんなこと知らなかったって激怒しちゃって聞けばこの騒動の経緯はおろか家臣の対立すら知らない有様。
    藤堂高次が説諭を続けたんだけど頑として譲らない高俊に遂には呆れ果てた高次が、だったらもう好きにしたらよろしいと完全に手を引いてしまい、讃岐に派遣してた家臣団と兵隊を本国へ返しちゃったんで最後のストッパーを失った生駒家顛末は件のとおりという。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※11さん

    10です。
    生駒の武功とか聞いたこと無かったので、武人的な話を聞いたこと無いって意味で書いたんだけど、紛らわしくて申し訳ない。
    生駒は城郭整備とか十河殺しとか、内治はそつ無くこなしてるイメージ。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    元々は将監父の帯刀が大藩と縁を持とうとしたのを、高虎が見咎めて、前野石崎を家老とさせたんだよね
    まぁ高虎没後に威勢を振るいだしたから元々あまり良くない人間だったかも知れんが

  15. 人間七七四年 | URL | -

    「当主が愚かだから仕方ない」って、「鬼武蔵だから仕方ない」と比べても
    相当に酷い評価だと思う

    長可は結果はアレとは言え、統治はやるべき事はやってるし、その上での評価
    高俊は何もしなかった上での愚か者としての評価
    相当後味悪いね

  16. 人間七七四年 | URL | -

    責任能力という概念と似てるのだろうか

  17. 人間七七四年 | URL | -

    讃岐国人です。生駒治世は影薄いですよ。
    松平、京極、山崎、十河が出てきて、
    生駒さんエアポケット状態。
    西嶋八兵衛は有名人なんですけどね。

  18. 人間七七四年 | URL | -

    責任能力は明清律にある。

  19. 人間七七四年 | URL | -

    讃岐といえば香川氏や!
    生駒なんていらんかったんや!

  20. 人間七七四年 | URL | -

    有名な家臣は少なかったようだが、乃木坂46の生駒里奈って末裔じゃなかったか?彼女は秋田の由利本荘市の出身らしいが。

  21. 人間七七四年 | URL | -

    ここまで「愚かだからしょうがない」扱いされるってことは、高俊さんはガチ知的障害だったのかな。
    男兄弟もいないようだし、他に選択肢が無くて家督行った感じで。
    美少年侍らしてうんぬんも、半ばお世話係とか。それに知的障害者だって性欲あるしね。

  22. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9763-c47b1e62
この記事へのトラックバック