今もてはやされている林道春などは

2016年02月03日 18:38

77 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/03(水) 01:25:22.33 ID:nCCVptJZ
 学問を好む人がまたしても仏をそしり、韓退之の仏骨表をほめそやして、
梁の武帝が台城で逆臣侯景により飢え死にさせられた事に対して、『この武帝が仏を信じたため餓死されたのだ』と笑うものはわずかである。

 しかれども韓退之の一生を聞き伝わると甚だ不人柄で、時の執権にこびへつらって京兆の司(日本ノ所司代ニ準ズ)になられたようである。
大いに笑うべし。ただ物知りとはほめ申すべし。
君に忠臣、民に慈愛ある、国家の用に立つ人ではさらさらない。

 また梁の武帝が仏法の信仰が厚く、それゆえに侯景に餓死させられたのではさらさらない。
父子の恩愛を大いに間違えた人で、昭明太子が憂いながら死なれたことをわきまえるべきだ。その訳は史書に詳しい。

 その他、漢代で賈誼という人が、天下の田地・商人の元手まで平等にしようと致されたのを、陳平・周勃らが大いに讒言したので失脚された。
後にこの賈誼は江南の諸侯の附家老となり早世されたという。
 かの賈誼などが、所謂腐れ儒者と申す者である。例えば兄弟を同じくし、百姓ならば田畑、商人ならば元手銀を同じに渡しても、
その身の幸、不幸でいろいろとなるものである。小さいことですらこのようである。
まして天下一統平等にしようという事は、管の中から天を見るに等しい。
自己の少量の見識で造物主の御気に違い、埒もない事を申し上げ、ついには天の御罰を蒙ったのか,
たった三十歳ばかりで死去、ああ恐るべし。
 彼が申す事を用いなさったら、漢家四百年の基礎となる事業はどうしてたもてただろうか。

 儒仏ともその人の用い様で治乱あるが、中華の歴代を考えると、天下を乱した博学高才の学者は多い。
学問を好むとも、文華の学問は用いてはならない。
 特に天下の政務に仏法は甚だよろしく、上宮太子などが所々に寺を御建立されたことでわかるでしょう。

 今もてはやされている林道春などは、太子をそしり、兼好法師の徒然草、源氏物語をそしられています。
このようなことは、朱晦菴の遺風を真似られていることと、我々はおかしくおもっています。
(本阿弥行状記)

さすが代々の法華宗の本阿弥一族
仏嫌いの林羅山に容赦ない



スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    「京兆司」を「所司代」、「太傅」を「附家老」と訳すと一気に日本の時代劇になるな
    でもちょっと分かりやすいかもと思ってしまったw

  2. 人間七七四年 | URL | -

    >朱晦菴の遺風を真似られていることと、我々はおかしくおもっています

    廃仏毀釈、尊王攘夷は、神道から出たものなのか、朱子学から出たものなのか。
    現代の我々もおかしくおもっています

  3. 人間七七四年 | URL | -

    こんなとこで宇宙大将軍の名を見るとは思わんかった
    コイツは間違いなく中国4大DQN有力候補に入るよな

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    残りの四人は誰が入るのだろうか……個人的には(うろ覚えだが)文宣帝?の逸話にドン引きした
    あの国は歴史が長い分、候補者も多……って、こんな時間に客人が来たようだ

  5. 人間七七四年 | URL | -

    宇宙大将軍は周りに上手く転がされた感じがあって
    どっちかというと市松ポジションな気がする。
    魏晋南北朝はDQNというか異常性格者のオンパレードですな。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    とりあえずラスボス枠は
    乞食禿坊主ね

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ああ法華宗なんだ
    それ考えると今までの書いたもののことも判る気がするわ

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    乞食坊主ニキは、よくできた糟糠の妻の存在といい
    ホンマどこぞの天下人の大陸版って感じだよな

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    高一族はお酒さえ入らなければ名君ばかりだから(汗)

    韓愈は一流貴族出身じゃないからパトロンがいないと中央官僚にはなれねぇし、
    おまけに当時の仏教勢力は平民の僧籍による脱税・銅銭溜め込みで社会・経済の害となっている。
    梁武だって四回の還俗による出費で国家経済を相当疲弊させてしまってるし、廃仏はある意味真っ当な批判

  10. 人間七七四年 | URL | -

    最近文頭を見ただけで本阿弥行状記だなと分かる様になってきたw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9781-ba3de067
この記事へのトラックバック