すると謙信は機嫌が直り

2016年02月05日 12:41

266 名前:人間七七四年[] 投稿日:2016/02/04(木) 22:14:55.41 ID:3DvQj37O
新発田尾張守長敦の弟である新発田因幡守治時(重家?)は剛強第一の兵にして、多くの武功をあげた。
謙信が小田原城を攻めた時のこと、明日ここを引き払うとしてそのための備えを示した。
するとまだ十六歳だった因幡守はこれを見て「この備えはよろしくない」言った。
謙信はことのほか不快に思い、散々に叱り飛ばした。
しかし因幡守は少しも屈せず、「であれば私にお暇をくだされ。そうしたら小田原に入り、
北条氏康に兵を借りて越後勢を追撃しましょう。この備えであれば打ち勝つことができ、
酒匂川の辺りでお屋形様を打ち取れるでしょう」と言った。
すると謙信は機嫌が直り、因幡守の言うとおりに備えを直した。

「上杉諸士書上」より



スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    どの辺が悪かったのか教えてくださいよ~

  2. 人間七七四年 | URL | -

    「そのための備え」が具体的にどう言うもので、「何処がよろしくない部分」なのかが
    全く伝わってこない逸話ですね?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    え~と、いつの世も、大人に一人前の口をきく、おませなお子様がいるもんだ。って話かな。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    今の企業経営者なら「今すぐこの場で手討ちにしてくれるわ!」→3年後滅亡。
    という感じかな。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    重家「この守りではすぐに当家は負けるかもしれませんな」
    謙信「私の守りが破れるなどあろうはずがない(尊大)」
    重家「武勇に一日の長がある拙者のことです、エクスデス氏康を恐れるあまり、敵が打って出てきたりしたらその場のノリでいざ上杉と御館様の陣に突撃しちゃうかも…」
    謙信「ほほう…ならしょうがない、配置替えしてやろう。
    ありがたく思え(尊大)」
    こんなとこじゃない?

  6. 名無しさん@ニュース2ch | URL | -

    重家「酒匂川の辺りで・・・」

    謙信(なんか酒が飲みたくなってきたなあ…)

  7. 人間七七四年 | URL | -

    この武辺こそ阿賀北衆

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9786-9392ca67
この記事へのトラックバック