かつて新田義貞公が

2016年02月08日 18:01

277 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/07(日) 19:34:58.06 ID:YvvETfm6
かつて新田義貞公が叡山での合戦に負けて、他国へと落ちる時、日吉社の社頭にて
『わが子孫を後代に至り、天下の武将に備えさせ給え』
そう祈誓して重代の剣を納めたと伝わる。

現在の内府殿(徳川家康)はその御苗裔であるので、天台山を特に崇敬されているそうだ。
これらの事により、内府殿が月を追い日を累ねて繁栄しているのは、内府殿自身の力ではなく、
偏に天よりそれが授けられているのだと、人々は語り合っていた。

(玉露叢)



スポンサーサイト


コメント

  1. 名無しさん | URL | mQop/nM.

    足利家時が置文して尊氏が天下を取り、新田義貞が願掛けして家康が天下を取るとはなかなか皮肉なものである。
    なお信憑性は以下略

  2. 人間七七四年 | URL | -

    wikipediaみたけど佐竹家に仕えた徳川氏もいたんだってね
    江戸時代でも堂々と徳川姓を名乗っていたとか

  3. 人間七七四年 | URL | sO.jHPec

    義貞嫌いじゃないけど、なんかご利益なさそうな剣w

  4. 人間七七四年 | URL | -

    あれ?新田家の庶流の流れをくみ、上野から三河に流れた芸人一座の親方(時宗の僧)が家康の祖だと聞いたけど。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    地元民から見ても世良田が本当に得川(とくがわ)発祥の地として押したいのか疑問なんだね。
    世良田駅前に一応目立たない場所に石碑的なのあるけど、メッチャ草蔓が絡んでるし。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    岩松某「その剣、うちのです!」

  7. 人間七七四年 | URL | -

    米5
    そう言われるけど、
    あの東照宮は世良田には過ぎたるものなんじゃないの?
    後には津軽家の飛び地になるけどさ

  8. 人間七七四年 | URL | -

    本物の世良田氏の子孫は会津に居たそうです。ソースはこちらのページです。ttp://homepage1.nifty.com/t-kubo/Japan/sub1-3.htm

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9794-b003008e
この記事へのトラックバック