FC2ブログ

太閤さま曰く「龍蔵寺隆信という者は」

2016年02月10日 18:52

291 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/10(水) 02:49:37.48 ID:CZ/ylyxq
太閤さま曰く

「龍蔵寺隆信という者は名将に違いないだろう。
その理由は、鍋島飛騨守(直茂)に政治を任せているからだ。
これは人を見る力があることに他ならない。
今、飛騨守に会ってみてそれがよくわかった。」

と申された。 【葉隠】



292 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/10(水) 10:32:56.23 ID:puLG6I4a
その時はとっくに戦死してるのに名将とは

293 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/10(水) 10:49:45.71 ID:1yztIISX
いやだから会った事ないけどこんな男を重用していたならきっと名将だったのだろうという話だろ

294 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/10(水) 11:47:43.77 ID:ynrpUDpY
愚者は諫言する家臣を左遷したり誅したりするものですからね

295 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/10(水) 13:35:51.50 ID:3eHFHd6C
直茂を諫言で疎んで柳川に飛ばしたって話しも
筑後方面の司令官的な立場を考えると遠ざけたことと違うと思うのよね

296 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/10(水) 14:28:39.15 ID:gqS1qBa7
普通左遷なら僻地だもんな
重要拠点なんかに配置しない

297 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/10(水) 14:32:49.09 ID:wqpyLFKA
分かってねぇw
平和っていいなぁ
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    南部信直「龍造寺殿が名将なら、津軽為信に政治を任せてる某も、名将ということになりますな」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    直茂は秀吉が毛利征伐中に書状を出して誼を通じてるから(そのときまだ隆信は存命中、隆信の命によるかは不明だが直茂が勝手に通じるとも思われず)、天下取る前のオレと通じてくるとは先見性あるヤツ――とか贔屓目に思った部分はありそう、「人を見る力」とか言ってるのを鑑みても。
    龍造寺側は単に秀吉を織田と通じる為の窓口としか考えてなかったと思うけど。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    名将だろうが凡将だろうがその資質には関係なく死ぬ時は死ぬんじゃない?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    葉隠れで、竜造寺隆信が、くだくだしいことの十に七つは悪いことだというのがあるけど、これは、本当にそうだと思う。

  5. あ | URL | -

    後世こんな散々に言われる可能性を予見したからこそ
    「焼いて残すな」とか言ってたのだろうか?

  6. 人間七七四年 | URL | QPNeH1mQ

    TERU「なるほど、それなら自分も名将だお!!」
    天庵「わしもわしも!!」

  7. 人間七七四年 | URL | -

    宗麟「儂も名将だな。九州統一確実待ったなし!」

    なお耳川後

  8. 人間七七四年 | URL | -

    秀吉自身が直茂に九州北部の政治をぶん投げていたと思われる時期があるのよ
    長崎代官・久留米代官・日田代官を兼任させて『詳細は鍋島に聞け』と外様の陪臣に普通預けない権限を持たせていた

  9. 人間七七四年 | URL | -

    久秀「確かに長慶様は名将ですなぁフフフ」

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    秀吉介入以降はしゃーない
    お頭が政家ではどーにもならんもの

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    あんたら絶対出てくると思ってたよ(笑)

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    ちょっと誤解があるようだけど、秀吉が実際の統治に直茂の能力を重宝して扱き使っていて
    それで実際統治が上手くいったのだから逸話上の秀吉も隆信の遺言も人選判断は間違っていないねという感想

    これが直茂の龍造寺家乗っ取りに正当性を持たせているという側面はあるけど
    それを秀吉の織田家乗っ取りになぞらえる部分も実際の秀吉も直茂も持っていたと思わせるような逸話だなと思う

  13. 人間七七四年 | URL | -

    有能で忠実だけど煙ったいなんて奴に忙しくなる重要拠点任せて口出ししにくくするってのは常套手段だけどねぇ。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ※13
    ただあの時期に筑後方面を任せられる人材がいないのも確か。
    他に任せられる竜造寺一門衆は、肥後で対島津戦線の防衛があったからねえ。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    天庵「菅谷という有能で、口うるさい家臣を重要拠点に送り、戦で口出しさせなかったわしは、名将じゃ。」
    宗麟「わしも、道雪を重要拠点に送り、口出しさせませんでしたぞ」
    菅谷・道雪「・・・(# ゜Д゜)」

  16. 人間七七四年 | URL | -

    かんべえとか

  17. 人間七七四年 | URL | -

    >>15
    義統「任せた家臣たちがヘボだったのが悪い。親父の目が節穴だったのが悪い。道雪が悪い紹運が悪い宗茂が悪い親次が悪い。援軍に来ながら大敗した仙石・長曾我部・十河が悪い。何かと策を弄した黒田が悪い。そして親父が何といっても一番悪い。さらに悪いのはサルだがな。ちなみに俺は何も悪くない」

  18. 人間七七四年 | URL | -

    ※17殿
    義統殿どの口が言うか。
    あと島津は悪くないのな(棒)

  19. 人間七七四年 | URL | -

    TERU「叔父上には筑前へ行ってもらったお!これで自由の身だお!」

  20. 人間七七四年 | URL | -

    義統の場合は親父とか以前に自分がぶっちぎりで一番悪いとしか言えんのだけど

  21. 人間七七四年 | URL | -

    ※17
    大友義統「俺は悪くねぇっ…俺は悪くねぇ!!」
    臼杵刑部「毛利家に仕えます。…ここにいると馬鹿な発言にイライラさせられる」

    済まない、ふとこんな改変が浮かんだ。ちょっと戸次川に行ってくる

  22. 人間七七四年 | URL | -

    天庵「その点、菅谷は、わしが死ぬまで仕えた。家臣からの信用が厚いわしは、名将じゃな。」
    菅谷「(震え声)むしろ、私がいなければ、小田の家は滅亡が早まりましたぞ。有能な家臣達のお陰と、言って欲しいですな。」

  23. 人間七七四年 | URL | -

    三好長慶「別に全権委ねてた訳じゃないのに久秀に任せて失敗した例にされるんですけお」
    松永久秀「どう見ても長慶公没後も主導権を儂が握ってた訳じゃないんですけお」

  24. 人間七七四年 | URL | -

    宗麟「君のメンタルがそうなったのは私の責任だ。だが私は謝らない」
    宗麟「自力で更生するチャンスはいくらでもあったと信じているからな」

    大友家に渦巻く責任転嫁の闇。

  25. 人間七七四年 | URL | -

    ※24
    源頼朝「大友家ってギスギスしてるな。ウチとは大違い」

  26. 人間七七四年 | URL | -

    TERU 「毛利は、大内さんとこみたいにギスギスしなくてよかったおぅ( ^∀^)」
    隆景「俺達、兄弟はギスギスしてたがな」

  27. 人間七七四年 | URL | -

    ※26
    TERU、大内と大友はちょっと似てるけど違うぞw

    大友のギスギスっぷりはちょっとマネできない次元だなw
    色々やった結果、嫡流らしい嫡流が宗麟父子しか残らなかったってのも・・・
    ネタにする前に、いろいろいたたまれない気持ちになる

  28. 人間七七四年 | URL | -

    TERU 「大内も、大友も似てたから間違えたおぅ。大友さんも、うちの爺さんみたいに三本の矢の話をすればよかったおぅ。そうすれば親子が仲良くできたおぅ」

  29. 人間七七四年 | URL | -

    大内と大友を間違えるとかあの世で隆元に折檻されそう

  30. 人間七七四年 | URL | -

    大内・大友って名前似てるのもあるし、
    近い領地の大身同士で、養子にやったりのつながりなんかもあったりして、
    ちょっとややこしいよな

  31. 人間七七四年 | URL | -

    ※23
    久秀の行動は家康的な感じだよなぁ
    長慶生前は誠心誠意仕えてたし、その後は情勢によって動いてるだけだし

  32. 人間七七四年 | URL | -

    義隆「大内と大友を間違うとは、言語道断。どれ、隆元の代わりに、わしが輝元を折檻してやるか。」

  33. 人間七七四年 | URL | -

    あの世から戻ってこないでください!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9800-33625bc7
この記事へのトラックバック