FC2ブログ

それに比べて、豊守は

2016年02月15日 13:50

152 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/15(月) 12:00:49.33 ID:bOA+vfct
上杉謙信が越中に出陣していた頃、春日山城は留守役として甥の景勝(この頃はまだ喜平次顕景と名乗っていた)に守らせ
謙信の筆頭家老山吉豊守を年若い甥っ子に補佐役として付けていた。
しかし武田信玄が謙信の留守中に信濃から春日山に攻めいるつもりであると噂を聞いた謙信は酷く心配し
春日山城へ書状を何度もしたためた。

「喜平次へ
心のこもった再報が届いてとても嬉しかったです。
細かな気遣いが本当に心に染み入りました。
それに比べて、豊守は私がこんなに心配しているというのに、一度も手紙を寄越さないんですよ。
喜平次は何度も連絡をくれるので、本当にありがたく思います」

この書状を見た喜平次は慌てて豊守に書状を書かせたらしく
この後謙信から「喜平次のおかげで豊守から手紙が来たよ!ありがとう!」という書状が届いている。



153 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/15(月) 14:12:22.47 ID:CF6lY/QG
上杉謙信オカン説がはかどるな

154 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/15(月) 14:55:44.45 ID:ff+fCwcY
>>152
かわいいw

155 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/15(月) 15:20:22.31 ID:8kGl8Ch8
軍神謙信返信に安心

156 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/15(月) 15:30:29.28 ID:ByMwmBOM
恋文かよ

157 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/15(月) 16:01:54.84 ID:2IrJApji
言い難い事は子供を使って言わせる。まさにどっかのオカン

158 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/15(月) 20:48:23.95 ID:jVA8ZplL
謙信のいい話やん。ほっこりした。

160 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/16(火) 00:34:21.48 ID:lkeFR4n3
補佐役で喜平次と一緒に在城してるのに
謙信に喜平次宛で愚痴を書かれた山吉豊守の決まりの悪い話かな思って
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    景勝も慌てることあるんだな。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    おっかないお袋の愚痴聞いたもんなんだろう
    それで、まずいと思って豊守に手紙書かせた

  3. 人間七七四年 | URL | -

    越中では焼き討ち・殺戮が多いけど、虚しくなって手紙書いてたのかな。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    たぶん一向一揆とつるんでる椎名方の抵抗が激しかった(銃がかなり一揆方に渡ってた)のと、春日山城を信玄が襲うって話で謙信も攻撃が激しくなったんじゃないかな。
    結局信越国境が雪深くなったら春日山留守役の喜平次(と上田衆)越中に呼び寄せてるし。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    殿いつのオカン謙信が脳裏に蘇った。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    「そんなに他国を羨むなら、ヨソの子になっちゃいなさい!」だっけ
    自分もアレ思い出したわ

  7. 人間七七四年 | URL | -

    こんなんだから、謙信女性説を言われたりするんだよw

  8. 人間七七四年 | URL | -

    謙信女性説は流石にトンデモ説だけど、内面の何処かしらに、オカン的というか女性的な部分はガチであったんじゃなかろうかw

  9. 人間七七四年 | URL | -

    そして、ここに新しく、謙信オネェ説が生まれたのである・・・。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ユング先生の心理学的に人は皆男女双方の心の要素を持つらしいからなあ…
    ともあれ景勝さんはGJやで

  11. 人間七七四年 | URL | -

    上杉博物館でこの手紙の現物見たけど、春日山在番衆が喜平次以外誰も手紙寄越さない、喜平次はほんとに良い子だけど、他のやつらは皆薄情だ!とか書いてて謙信通常運転だったわ。大和守にこの手紙見せてねって追伸書き込んでたから直江景綱も在番してたっぽい。
    顕景が代表して報告上げてるからいいと思ってたんだろうか。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9808-713dac3f
この記事へのトラックバック