FC2ブログ

エムベロルの血の森

2016年02月16日 17:43

164 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/16(火) 14:38:06.42 ID:ISKtEFxg
1564年、エムベロル公方(足利義輝)は日本を支配し、宮廷を都に有していた。しかしその時、
1万2千の逆徒はエムベロルに対し厳粛なる同盟を作りて反逆を謀り、最初の着手として都を襲い、
宮殿の四ヶ所に火を放った。公方は不慮の襲撃にあって、適応な防御手段を講ずることが出来ず、
自ら剣を抜いて大胆なる突撃をし、ただ200人を従えて血路を開かんと試みた。しかし衆寡敵せず、
敗れて数ヶ所を負傷し殺され、従臣もまた全て寸断された。

こうして反逆者は宮中に乱入し、公方の母および娘を見つけ出して惨殺した。
一人妻女は寺院の僧舎に隠れていたが、たちまち発見され、これもまた罪人として斬られた。

斯くの如くにして彼らは王族を完全に滅亡させ、ただ公方の弟のみを残した。これは彼が僧籍に在ったが
故である。反逆者たちは事件の後、この弟に対し安心を得るために、宗教上の契約を以って彼を拘束した。
しかし彼は、その契約後逃亡し、密かにロカの君主和田殿(Vatadono)の元に走った。和田殿は彼を
丁寧に待遇し、尾張(Bonari)の王信長に援助を乞わんことを勧めた。

信長は之を容れて6万の軍を戦場に出し、公方の殺害者と相対した。殺害者たちは抵抗し得ざるを見て
降伏し、首魁たる扇動者は罰せられた。

信長は血統において最も近い公方の弟を立てず、自ら都の都市および城の絶対的君主となった。
焼けた宮殿を再建するとしてその完成を急ぎ、費用と労力とを厭わず、土工を使用すること日に
1万5千人に及んだ。彼は抜刀を携えて此方彼方を巡視し、これがため何人も懈怠、又は時間を
徒消することは出来なかった。彼は、軍前通りかかった婦人の覆面を上げたと言って一人の木工の首を
刎ねたこともあった。

信長は威風堂々として短日月の間に30の王国を征服し、我が治下に立たしめ、継いでまた公方を廃して
エムベロルの冠を己が頭に頂いた。その後彼は、同じ王冠をヅボにおける彼の新たな肖像の頭に加え、
以って生存中に神として礼拝せされんとした。この目的のために、彼は彼に阿諛追従する宮廷の官人、
および市内の佞者を欠かすことが出来なかった。後者は彼の虚栄心を長ぜしめ、彼が細心、卓抜の行為、勇気に
よって斯くの如き驚嘆すべき事業を成し、斯くの如き多くの勝利を得たる上は、今の行為は正当にして
また栄誉であると自覚するに至ったのである。

しかし他人は、この虚栄の空想と傲慢なる企画を忌むこと甚だしかった。彼らは多くの君主で善行ある者に対し、
その死後これを神として祀ることには慣れていたので、このために彼を忌むことはなかったが、
彼の望む所は甚だ高く、生存中、すなわち人間が弱点に陥りやすい時において神となり、同時に人たらんとし、
特に霊界に在って永久に祝福される者にのみ捧ぐべき供物と犠牲を受けんとするのは、神聖を冒涜するものであり、
彼らが言うには

『人々は斯くの如く残虐、破約、偽誓をなせるものを神とすることを欲しない。例えば、いかなる国が
彼の君主たる面目、警言、寛仁を信頼して彼に降伏することがあっても、彼は攻撃の手を緩めず、これを略取し、
しかも暴力を以って侵入したかのように無慈悲にその国人を屠るのが常であるのを憎んでいる。』

信長を怨める者の中、最も甚だしいのは明智(Aquechi)王であった。
彼は大胆にして勇気ある君主であったが、信長の冒涜的傲慢を見て平然安堵する所を得なかった。
信長は多くの寵遇を明智に加え、彼を丹後の王となし、自己の全軍の大将としたが、宗教の名誉、並びに
正常なる神の真の礼拝が危機に瀕することを見るや、彼は信長の全軍をして彼に変心、反対せしめ、
1582年6月20日に都に進軍した。

こうして信長は不測に襲撃させられたが、自己の軍勢を以って囲まれた事でもあり脱走を企てる方法がなく、
敵の追跡を破り都に近い森林の中で殺された。
この森は以後、”エムベロルの血の森”の名を得るに至った。

(モンタヌス日本誌)

永禄の変から本能寺の変まで、モンタヌス日本史の記事である。



166 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/16(火) 16:09:51.32 ID:il9ecMq6
>>164
本能寺から逃げて都の外れの森林で殺されたとは面白い
歴史秘話ですね

167 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/16(火) 16:18:37.32 ID:ZNRGt3ln
朝倉義景「ウチに公方の弟なんてこなかったよ?」

169 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/16(火) 22:17:57.90 ID:1KdjBj4R
血乃森蒼紫

170 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/17(水) 06:11:25.68 ID:7sCp75Ni
>>164
エムベロルって何?
エンペラー?

171 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/17(水) 07:25:42.08 ID:YUNgAg2D
ポルトガル語のエンペラーだったかと

172 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/17(水) 21:53:44.65 ID:1ckoV6Tq
>>164
”エムベロルの血の森”
やだカッコイイ

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    違うサイトに迷い込んだかと思ったわw

    人を神と祀る文化に言及あるのは面白いな。
    この正常なる神云々は、ノッブが天皇を脅かしたってことかな?状況的にキリスト教の話ではないよね?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    タイトルがMMORPGとかスマホゲーの新エリアっぽい…
    アップデートと共に関連ストーリークエストやレベルキャップ開放を伴って実装されるんだろ?

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. 人間七七四年 | URL | -

    Bonari尾張
    ボナーリオワリ と発音すると
    ショッピングモールっぽい。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    冒頭のエピソードは、これとリンクするんかね

    将軍足利義輝側室、小侍従殿の最期
    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-9038.html

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    勝頼「生き残るためには課金しなきゃ…(ガチャガチャ」

    『 N 新 府 城 』

  7. 人間七七四年 | URL | -

    魔王信長・光秀保守派史観って江戸初期のこの頃に既に普及してたのか
    信長=革命児キャラがやたら強調されるようになった戦後の創作の影響が9割だと思ってたわ

  8. 人間七七四年 | URL | -

    まああの革命児で魔王な信長の、もともとのイメージは
    フロイス日本史によるところが大きいしなあ

  9. 人間七七四年 | URL | -

    この人は来日してなくて、書簡やなんかを纏めて書いたらしいから、もう少し遡る(というかほぼ当代?)かも。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    森蘭丸の「森」が情報として入り込んだ後の伝言ゲームの結果
    森の中で死んだことになった、という説を唱えてみる。

  11. 人間七七四年 | URL | ZPZR469g

    ※10
    むしろ明智光秀の最期と混同されてるんじゃない?

  12. 人間七七四年 | URL | -

    つまり信長は蘭丸の中で死んだ!?
    これは光秀も慌てて寺燃やしますわ。

    光秀の最期が入れ替わったってのはないじゃろか。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    「エムベロルの血の森」ってゲームは、どこから販売されるんですか。KOEI?CAPCOM?

    主人公は明智光秀でしょうか。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ゲーム「エムペロム血の森」は、森蘭丸と明智光秀が信長を巡って争うゲームという事で宜しいか?w

  15. 人間七七四年 | URL | -

    信長はさすがにNobunagaと正しく書いてたのかな?w

  16. 人間七七四年 | URL | -

    惟任日向はその時60のジジイだからな。月代してもハゲは隠せないぞ。

  17. 人間七七四年 | URL | 3aXRcdxk

    一益「珠光小茄子こい珠光小茄子こい・・・」
    ガチャガチャ

    『上 野』

    (´・ω・`)

  18. 人間七七四年 | URL | -

    ※17
    一益「鬼!悪魔!第六天魔王!」

  19. 人間七七四年 | URL | -

    信長が美少女で、美少年・森蘭丸と美青年・明智光秀なら、乙女ゲームだな。

  20. 人間七七四年 | URL | -

    確かに乙女が喜びそうな
    ゴシックホラー風のタイトルやなwww

  21. 人間七七四年 | URL | -

    大内義隆「なに、美青年を巡る美青年同志の三角関係のゲームとな。」
    大崎義隆「課金しないと」
    ダブル義隆「美少女と美青年の三角関係かよ。興味ないわ。」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9811-f3d7d87a
この記事へのトラックバック