週間ブログ拍手ランキング【02/11~/17】

2016年02月17日 13:35

02/11~/17のブログ拍手ランキングです!


鬨の声、といえば 27

「蛍丸」 24

それに比べて、豊守は 22
織田信長「平手がこのようになってしまったのは」 20
太閤さま曰く「龍蔵寺隆信という者は」 20
知恵伊豆のユーモア 20

この、広く富んだ島をこの国の人々は「ニッポン」と称す 18
獅子が獅子であるということ 17
ランシス・カイロンの取りたる日本の王公の歳入 14

【雑談】戦国屈指のいい話 13
【雑談】黒田長政って何で 8
寛永7年秋9月12日、御即位の事 7

『初祖達磨大師』と書くべきを 6
エムベロルの血の森 5
つまり今の古筆目利了延は 5



今週の1位はこちら!鬨の声、といえばです!
さすが薩摩隼人、命を取るぞと言われたら、むしろ積極的に捨てに行く。しかも全員でw
こんな人達を統率する殿様は、それはそれは大変だったことでしょう。その苦労が忍ばれます。
殿様の立場にたてば、、ちがうよ、そうじゃないんだよお前らの役割は、と言いたくなるでしょうね。
え?何故”殿様”を忠恒にしたのかと?そりゃあそのアレでまあゴニョゴニョ。察して!

2位はこちら「蛍丸」です!
某刀剣ゲームとは別の「蛍丸」。なるほど鞘に入れた刀が光れば、何れであれ蛍のように見えるでしょうね。
それにしてもこの刀、何故持ち主の居場所を追手に伝えたのか。ここに至るまでの逸話も、なにかありそうですね。
そこを想像するのも面白そうです。

今週管理人が気になった逸話はこちら!それに比べて、豊守はです!
意外と微笑ましい謙信公のお手紙w疾風怒濤、かつ峻烈なイメージの強い上杉謙信ですが、実は相当細心な所があり、
だからこそ名将であった、ともいえるでしょう。強引なだけでは、必ず行き詰まるものですから。
この書状からも、そんな謙信の細やかな面がよく出ていると思います。
しかしコメントなどにもありますが、これが軍記などになると、他人の気持ちなど推し量ろうとしない恐怖の「軍神」謙信と
なるわけですから、世の印象という物も面白いですねw



今週もたくさんの拍手を、各逸話に頂きました。いつもありがとうございます!
また気に入った逸話を見つけたら、そこの拍手ボタンを押してみてくださいね!
( ´ ▽ ` )

今週読んでる本
殺生と往生のあいだ 中世仏教と民衆生活
「殺生」を否定する仏教思想流入の流れと、朝廷・天皇のその受容の過程。そして「殺生をする側」である狩猟・漁撈民、そして
武士による対処。古代~中世の思想史としても非常に読み応えがある本です。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9813-4e9fb38a
    この記事へのトラックバック