かのような乱の中で優しい武士であった

2016年02月24日 15:45

370 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/23(火) 23:46:42.98 ID:6NNrWvJY
 齋藤内蔵助は明智日向守殿が謀反の時に申したことは
「この思し召しを、私は十が九で勝手な御振る舞いと思いません。
そうであるのであえて御諫言を申し上げません。」
と、血判を速やかにしたという。
 そのうえ安土の城を受け取った後に、もはや落城に及ぼうとしましたとき、
敵の方へ信長公が御所持されていた道具を渡した後に城に火をかけた。
道具は世々の宝なので焼失すると残念だと、かのような乱の中で優しい武士であった。

 これにつけても松永弾正が平蜘蛛の釜を落城のときに割りましたことは、
甚だ賤しき志である。
(本阿弥行状記)




371 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/24(水) 01:09:02.03 ID:aWt95gpS
光悦はこのエピソードを秀満じゃなく利三がやったことにしてるのか

372 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/24(水) 06:55:25.67 ID:Yzm0g8SB
>>371
筆者は光悦じゃないってば

373 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/24(水) 12:13:58.97 ID:Y9/NH5SF
本阿弥シリーズが始まったときは自分も光悦が筆者かと思っていたっけ

374 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/24(水) 12:54:48.08 ID:MZQzaca8
じゃあ本物の筆者は誰なんです?

376 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/24(水) 20:04:35.10 ID:Yzm0g8SB
>>374
本阿弥光甫。光悦の孫。

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    筆者だれなのよ?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    光甫だっけ?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    多門院日記同様に複数の本阿弥家当主による著述ということはないですか?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    鬼武藏は、かのような優しい武士であった

    水野勝成は、かのような優しい武士であった。

    この二人の優しさってなんだろう。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    せめて一思いに「ヤる事」じゃないかな?

  6. 人間七七四年 | URL | -

    同じ「ヤる」でも
    鬼武蔵は武略=結果が伴う
    勝成は発作的衝動=被害者も本人も損してる
    だから大分違う。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ↑なら自分で優しさに答えてやりなよ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9826-70918e1c
この記事へのトラックバック