しかし妙秀は、

2016年02月29日 22:02

396 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/29(月) 02:24:48.36 ID:7U1uPL/A
 人を殺めた者が血刀をさげて走り込み、妙秀本阿弥光悦の母)を人質に取った。
しかし妙秀は、
「私はあなたを助けましょう。こっちへ来てください。」
と納戸の内へ押入れ外から掛け金を掛けて、自身はそのまま家の外の近くに出て座った。
 追手の者どもが数十人駆け入ってきた。
妙秀はまだ若い女であったが顔色も変えず、
「これは何事ですか。」
と言うと、追手は
「人を切った者がただ今この家へ走り入った。」
と話した。妙秀は聞くと、
「何と恐ろしいことでしょう。裏へ走って行ったのかもしれません。
よく探してください。」
と言って大いに騒いだ。追手たちは『さては隣家にいるのだろうか』と隣を探したそうだ。

 日が暮れた後、妙秀は彼にかたびらを着替えさせたり編み笠を被らせたりして、
旅費などをやって去らせた。
(本阿弥行状記)

なぜ妙秀はここまで手厚くしたのでしょうね



397 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/29(月) 06:56:16.84 ID:Ekt8UXVi
知り合いだったとか
あるいは宗教の同門
実は光悦の本当の・・・
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | sSHoJftA

    この時代なら、自宅に駆け込まれたら赤の他人でも助ける風習がまだ生きてたんじゃあるまいか

  2. 人間七七四年 | URL | TQl5Jic2

    機転を利かせて母を救ったいい話じゃないのか

  3. 人間七七四年 | URL | -

    木曽義昌「鬼に駆け込まれました」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    光悦の母が妙秀で、自分の機転で助かった話だと思うけど?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    いずれにしてもエロいね!

  6. 人間七七四年 | URL | -

    TERU 「エロい人妻がいると聞いて飛んできたおぅ。」
    宗麟「エロい人妻だと。それは、早速見に行かないと。」

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    忠興「ウチの嫁覗いたな!?ぶっ○してやる!!!」(二人の屋敷に殴り込み&放火)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9835-49bdfe55
この記事へのトラックバック