FC2ブログ

義理を知らない者には必ず災難が来るものだ

2016年03月03日 18:18

408 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/03/02(水) 22:27:24.64 ID:ymgD2YIm
 何の某とかいう者が、侍の娘を娶り子を三人産んだ。
しかし、侍は娘がその後に疱瘡にかかり見た目が悪くなったといって、娘の元から去ってしまった。
初めの時よりますます大切にするべき事だというのにと、人々は侍を見限った。
だがその指摘みたいに大切にされる事がかなわない女はあまたいる。

 親がいるときに嫁としてもらったら、親が死んだ後に嫁の元から去るものではない。
また親の身の上が衰えたからといって去るものではない。
嫁が盛りを過ぎたからといって去るものでもない。



 光悦の弟に宗智という者がいた。
京中で隠れない大正直者であったが、かの妻と離別した者と時々出会っていると妙秀が聞いて

「世に隠れない畜生と伴にいる者もまた畜生である。私の子ではない。」

と勘当した。これはあまりの事だと人々が申していると

「私もさように思いましたが、
我が一類が多いのでこのような義理に違う者もいるだろう
と思ったので見せしめにしました。」

と彼女は申した。

 また本妻が年老いると夫婦仲が薄くなり気随放埓となり、成人した子供の思いにも恥じることなく、
本妻の心を痛めさせる義理を知らない男がいる、
との話を妙秀は聞くと、

「さような者とは必ず疎遠にするべきだ。義理を知らない者には必ず災難が来るものだ。」

と申していた。
(本阿弥行状記)

宗智さん、ちょっととばっちりのようなきがしないでもない



スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    水野さんは出世しましたけど

  2. 人間七七四年 | URL | -

    悪久「亀寿は疱瘡にかかったように見た目が悪かった」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    信玄「義理?災難?何のことかな?」
    勝頼「父上、そこに正座」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    家光「まぁあれだよな、好みじゃない正室は遠ざけるに限る、って正しい判断だよな島津」

  5. 人間七七四年 | URL | Cnub/O7I

    宗智は、理不尽な離縁をした友人を説教しに通うほどの大正直者であったとさ。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    (`・ω・´)「義理…笑止な。力こそパワー」
    光安「ちょっと何言ってるのかわかりませんね」

  7. 人間七七四年 | URL | -

    >>5が事実なら宗智さんは反論しなかったの?
    まぁお母ちゃんには反論しにくいだろうし
    しなくたって別に生きていけるならいいか

  8. 人間七七四年 | URL | -

    TERU 「忠恒さんや家光様の言う通りだぉぅ。元春叔父さんみたいに一人の女性しか愛せない寂しい生活は嫌だぉ。」
    元春「TERU 、そこに正座しろ。むち打ちの刑にしてやる」

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    どう見ても不誠実な人物を「正直者」と苦しいフォロー入れてることを揶揄してんじゃね?

  10. 人間七七四年 | URL | -

    忠恒「※9殿の言う通りなら、わしは正直者ということだな」
    TERU 「僕もだおぅ。」

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    宗麟「おまいら嫁は大事にしろよ…嫁って言うか家族は大事にしとけよ」

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    義久&元就&道雪「お前らちょっと来い」

  13. 人間七七四年 | URL | -

    軍神「その通り。義理を知らぬ者は必ず災難があるのじゃ」

  14. 人間七七四年 | URL | -

    久秀「はて…、義理を重んじてその都度酷い目に遭う将軍家がいたような」
    義TERU「だいたい一因はお前らだからな」

  15. 人間七七四年 | URL | -

    ※14
    多分知っていて書いているとは思うのだけど、元々京周辺の政情が不安定すぎて敵味方が
    入り乱れていた事と、義輝自身が協力関係にあった三好家に敵対するような動きをし続けた
    結果だから、一概に三好三人衆や久秀が悪いってものでもない。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ※15
    しかも義輝が討たれたときに久秀は加わってないよな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9843-14b79724
この記事へのトラックバック