『土蔵にただ今火が入ってきました』「さてさて、嬉しいこと嬉しい事」

2016年03月05日 14:09

412 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/03/04(金) 23:33:07.35 ID:2bHsAD0P
 昔大火事が有った時、私たちの聟の家も類焼に遭った。
召し使っていた女が『土蔵にただ今火が入ってきました』と
嘆き来たのを妙秀は聞くと

「さてさて、嬉しいこと嬉しい事」

と言った。光悦が側に居り

「何という事を仰られますか。人が聞いていますよ」

と言うと、

「確かにそうですね。しかしこの者の先祖は無慈悲けんどんで、わずかな金を貸して悪くない物を質物に取り、
持主が金を返したので質を返してほしいといっても、『もはや期限の日も過ぎたので外へやってしまった。』と
偽って返しませんでした。

 その道具の持ち主は高値で売り払ったものの、後に妻子を養おうと思っていた物を取られ迷惑していたというのに、
むごいことにあの者は返さなかったのです。
 そうやって人の宝を痛ましくも自分の物にして高価で売り渡し、
何につけても欲深く貯えて置いた財宝が今にも蔵の中にあります。
この財宝があるうちは聟は災難に遭うだろうと日夜心苦しく思っていました。

 そこに蔵へ火が入ってきたと聞いたので、あまりの嬉しさに何のわきまえもなく
先の事を言い出してしまいました。
許してください。」

妙秀は返事した。
(本阿弥行状記)



413 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/03/05(土) 13:21:27.73 ID:i83ZJqNE
テレビとかで詐欺の報道見る度にバカだなあと思うけど騙される時は騙されるんだよ明日は我が身とはよく言ったもんだ

414 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/03/05(土) 22:36:52.81 ID:BiCLFBQb
これがその「災難」なんじゃ…
災難にあい続けることはなくなったってこと?
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    最近本阿弥行状記が続いてるけど
    なんか読んでて「モヤッ」と来る内容が多いよなぁ

    これが現代との価値観の違いか・・・?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    仏教的な因果応報に基づいた話なんだろうけど
    現代的な感覚からは正直乖離してると思う

  3. 人間七七四年 | URL | -

    当初は単に筆者がアレなのかと思ったら、どうも本阿弥の周りにアレなのが多いみたいだね。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    よく分からないけど、悪質質屋の土蔵が燃えて「ざまぁ」って話ですよね。
    本阿弥さんは変人が多いってことだけは分かりました。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    類友

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    いや、聟の家の土蔵でしょ。(聟が業務として質屋をやっていた可能性もあるけど)

    多分だけど、「金に汚い輩に対しては、身内であっても爪弾きにする俺たちかっこいい」
    と主張したかったんじゃないかなあ。

    なんか共感できないけど。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    「災難に遭うだろう」を心苦しく思ってたのに、実際に燃えたら「嬉しい」ってどういうことなの w それとも、不浄の財が燃えて無くなっちゃえばそれを貯えるための悪業も無かったことになると言うのだろうか

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    災難の元になるであろうものが燃えたのだから、それ自体は
    良い事だと言う認識なのだろう。

    「悪銭身につかず」みたいな感じで

  9. 人間七七四年 | URL | -

    本阿弥シリーズって何かに似てると感じてたんだけど
    ニュースバラエティの文化人()コメンテーターだこれ

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    書き手の光甫は「光悦の遺風を継ぎ茶道・書画・陶芸・彫刻をよくした」とあるので、
    現代風にいえば鑑定士・接遇コンサルタント・総合アーティストといったところか。

    確かに「テレビによく出る人」っぽい胡散臭さがあるな。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    山県昌景「今川家の災難の財を燃やしたのだから感謝して欲しいですな。」

  12. 人間七七四年 | URL | -

    妙秀さん宗教にどっぷり嵌まった叔母と物言いがそっくり。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    物に善心が宿るのが日本古来の宗教観、物に悪心が蔓延るのが舶来の宗教観

  14. 人間七七四年 | URL | Z3orHX/M

    まあ本阿弥親子は日蓮宗の狂信者だからなあ
    書かれてる妙秀のエピソードはたいがい現代からみるとイカレてる
    光悦の語る本人の倫理観もたいがいだけど

    結局のとこ親父の光二と家康の繋がりで将軍家とコネ持ったおかげで
    力を得た訳だしねえ(自慢げに書いてある)

  15. 人間七七四年 | URL | -

    何度言っても「本阿弥行状記」を光悦が書いたと思い込むヤツがいるな

  16. 人間七七四年 | URL | -

    妙秀って人を殺し自分を人質にした人を逃してるのに、悪い事をした身内が災難に遭ったら喜んでる。よく分からない人だよね。

  17. 人間七七四年 | URL | -

    執着の対象である財物がある限り、これからも悪事を重ねるところであったのを
    全部焼けた事でその虚しさを悟って過去を反省し、更正するきっかけを得たことを喜んでいるんだろう

    別に現代人でも無宗教でもそんなに理解しがたい考え方ではないと思うが

  18. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    婿も業の深い人物かはわからんけど

  19. 人間七七四年 | URL | -

    貯め込んだ銭が無くなっちゃったら余計蓄財に邁進しそうだけどね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9846-43233e77
この記事へのトラックバック