鐵(かね)兵衛殿と呼ぶべきか

2016年03月31日 12:15

484 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/03/31(木) 05:18:15.10 ID:D7dfEllj
武田家滅亡の後、織田信長は武田の分国への仕置をなし、関東の管領として滝川左近将監一益を
上野国群馬郡厩橋の城に移した。武蔵・上野の旧武田分国の武士は残らずこれに出仕した。
真田昌幸は信州、上州両国に領地が在ったため、厩橋にも出仕した。

滝川一益は厩橋城で昌幸と対面した時、こう声をかけた

「あなたは承った所によると、以前は武藤喜兵衛と名乗っていたそうだ。しかし今回、つつがなく
武田が没落した以上は、鐵(かね)兵衛殿と呼ぶべきかな?」

そう、座興として言ったそうである。(喜兵衛を音が似ている金兵衛とかけた駄洒落である。)

その頃沼田の城は甲州の乱によって北条殿に横領され、藤田信吉は越後に浪人していた。
そこで一益は沼田の城に甥の滝川義太夫を城代として入れた。
一益は国中より人質をとったが、真田からの人質はなかった。これは真田信幸の姉が、人質として
安土に遣わされたためである。

(加沢記)


スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    信繁は人質にされなかったのかな。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    信長の腰巾着の分際で偉そうに

  3. 人間七七四年 | URL | -

    俺が聞いたバージョン(学研の歴史シリーズだったか)では、
    「武田の家臣達の多くがむざむざ腐り落ちる(主家と運命を共にする)なか、貴方だけが無事に家名を保った。木兵衞というより金兵衞だな」
    と言ったって感じだったけど、どうかな。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    親父ギャグですか(゜m゜;)

  5. 人間七七四年 | URL | -

    主君のネーミングセンスが移ってしまったのかな

  6. 人間七七四年 | URL | -

    言い方とか態度を見てみないとニュアンスが判断しかねるな…

  7. 人間七七四年 | URL | -

    タイトル見て、権現様のネーミングの話かと思ったら、違った。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    正直…、上野なんてまだ武田の残党が十分に狙える土地だし、虎視眈々と狙う北条、領内に爆弾を抱えている上杉と周辺に動きそうな奴らがいるとジョークでも言って気を紛らわせたい気持ちは分かるな。
    手元に珠光茄子でもあれば少なくとも北条に対する抑止力になったんだろうけど、惜しむらくは信長公は一益を対北条の要とする予定がなかったらしい。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    天正壬午で北条が即上野を攻めたのは、あくまで織田政権が崩壊したからであって、
    それがなければ家康と同じ分国大名で上野は諦めたと思うがな。
    上杉に至っては、滅亡間近でまったく脅威じゃない。
    武田も一瞬だったくらいで、もう当時は誰もが(景勝ですら)上杉は1月持たないと考えてた。
    武田の残党や国人は脅威だけど、征服地の宣撫は武田に限った話じゃないし。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    一益も運が悪いよな。占領地の統治が固まるとかいう話以前の段階で、
    本能寺以降の動乱に巻き込まれたのだから。
    信長の死があと一年でも遅ければ、上野周辺での戦いで
    あそこまで窮地に立たされなかっただろうし、
    あっさりと歴史の表から消えていくこともなかっただろうに。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9896-2062c04d
この記事へのトラックバック