FC2ブログ

娘一人に婿三人という事は以下の事である。

2016年04月07日 13:59

563 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/04/06(水) 23:05:16.50 ID:g8yCxKkV
 娘一人に婿三人という事は以下の事である。
昔ある富める人には娘がいた。
その娘があるとき舟遊びに出たのだが、
どうしたのであろうか娘は船端を踏み外して水に落ち入ってしまった。
父母は驚き悲しみ、高札を打ち立てた。

「この娘を救ったらは、必ず婿にしよう。」
とのことであった。

 占いをする者が来て、どの辺りに娘の姿があるかを教えた。

 また水泳の上手な者が一人来て、「私が取り上げよう」と言って、すぐに娘を抱き上げた。
しかし娘は息が絶えて無かった。
 その時医者が来て薬を与ると、娘は再び蘇った。
その後卜人が言うに
「私が初めに娘のあり所を言ったればこそ、取り上げられたのだ。私が婿になろう。」
また、水練の者が言うに
「私が抱き上げなかったら、どうやって蘇生できただろうか。私が婿になろう。」
また医師が言ったことには
「私が薬を与えなかったら。どうして再び寿を保てただろうか。私が婿になろう。」
と争ってしまった。所の地頭に伺っても決着が着かない。

 ついに都に上り、多賀豊後守(高忠)の義を受けると
「その様なことがあったのか。欲界に生を受けるものはおよそ三百六十種と云われる中で、人がこの中の長である。
婚合の法は形を交わることにある。この時では水練の者が娘に身を添えて肌に触れた。
これをもって婿にとるべきだ。」
との掟をだされた。

(醒睡笑)



スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | ZPZR469g

    娘が目の前で覚えてるのに、高札立てて占いやってる感覚がすごい…
    あと、為政者ってのは別に理が通っているというより、無理矢理にでも理屈作って
    全員を納得させるのが仕事だったんだな、とわかる。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    私には君の屁理屈ばかりの発言がさっぱりわからない‥。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    カテゴリの安楽庵策伝って多賀高忠のこと?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    >>3
    金森長近の弟が安楽庵策伝でこの話を収録した醒睡笑の作者
    多賀高忠は京都所司代勤めた人で応仁の乱のときは京の防衛にあたり
    公平無私で名高い人

  5. 人間七七四年 | URL | -

    素直に多賀さんのカテゴリにすればいいんじゃない?

  6. 人間七七四年 | URL | -

    この裁定があったら竹取物語は何の波乱もなく月へお帰り~になるんだろうな。誰も触れてないし

  7. 人間七七四年 | URL | -

    醒睡笑ってタイトルからして笑い話だよね…?(まじめに理屈どうこうじゃなくて
    眠気もハッと醒めるほどの笑い話?

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    この本は全訳が出てるけど、現代では分からないセンスの笑いが殆ど

  9. 名無しさん@ニュース2ch | URL | mQop/nM.

    ホークウッド隊長「よし、三等分しよう」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9907-382e9bc0
この記事へのトラックバック