FC2ブログ

器量の謀り

2016年04月19日 17:17

607 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/04/19(火) 14:04:39.99 ID:l9K9toaz
泉州堺は大阪に近隣する繁華の湊であり、関東より柴山小兵衛が政所に置かれていた。

大阪の豊臣勢が片桐且元の茨木城を攻め、幕府と豊臣家との対立が決定的になると、
堺においては『大阪城中では評議が在って、ここに関東の軍勢が滞在できないよう放火すべきであると
決定し、軍勢を差し向けるそうだ。』との風聞が流れ、言葉にも出来ないほどの大混乱と成った。
ある者は財貨雑具を船に積んで四国南海へ逃れようとし、ある者は山林に身を隠し、親を忘れ
子を逆さまに背負った。

このように前代未聞の騒動の中、幕府の代官たる柴山小兵衛は当時眼病を患い、起居すら自由にならない
有様で、豊臣の軍勢を防ぐ事など考えもできなかった。

このような時、ここに阿賀屋正斎という古今不敵の町人が在った。彼は自身で街中を駆けまわり説いた
「女、童、足弱(老人)たちはどこかに避難させ、15歳以上60歳未満の男は一人も散乱してはならない。
今度のことは、私の計らいに任せて頂きたい。

その計らいの内容だが、若年の者と老人とは、当分の間交わりを絶って、敵味方のように振る舞って欲しい。
また、大阪には焔硝千斤を献上し、『堺の町人は残らず大阪の御味方です。』と伝え、放火狼藉を免れるべし。

また京都へ宿老の内二人を上らせ、所司代の板倉殿にこう申し上げよ『大阪より堺を放火して略奪するという
風聞が有り、この凶から免れるため、このように計らいましたが、これは全く御敵対をしようという決断では
ありません。』

こうしておけば後の祟も無いだろう。

また、若者たち二百人ばかりは政所に馳せ参じて、『備えの軍勢ではなかなか防ぐことも出来ないでしょうから、
早々岸和田に御退きあれ。』と提案せよ。今政所の柴山様は眼病でもあるから、必ずこの意見に従うだろう。
また、宿院の荒男(柴山小兵衛の弟である五助の事。この時代官として宿院に在った)が、我らが大阪に
焔硝を献じたことを咎めてきたら、『その事は老人たちの采配であり、我々にはどうにも出来ませんでした。』
と、若者たちはその難を逃れよ。また、大阪から政所の者たちが岸和田に退いたことを咎められた時は、
『若者たちが是非を存ぜずあのようにしてしまいました。そのため私達は、彼らを義絶致しました。』
と言い訳して時間を稼ぐのだ。

そして、天下一統の時は宜しき方に従う迄である。絶対に騒動してはならない。」

堺の人々はこの提案を受け入れ、尽く鎮まった。
豊臣家が滅び天下一統の後、大御所徳川家康はこの話を聞くと、
「器量の謀りである。あの時の状況に適した智謀であった。」そう賞賛し、阿賀屋に褒美を与えた。

(慶元記)



スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    吉川広家「おかしいですね…」
    増田長盛「われわれには褒美どころか…」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    去就をはっきりさせるべき立場の人と、味方であるのが良いが中立でも良い立場の人もおるからね。

  3. 名無しさん@ニュース2ch | URL | -

    あれ?堺って最終的に焼き討ちに遭っていなかったけ?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    冬の陣のときはこうやって両天秤で何とか保ったが
    大坂からはもう信用されてなくて夏の陣の時は大阪が開幕焼き討ち掛けたからね
    堺側も来るの分かってて逃げ出してる

  5. 人間七七四年 | URL | -

    こう云った閃きが出来るのが、いかにも堺人って感じがする逸話

  6. 人間七七四年 | URL | -

    いかにも堺雅人ってみえた

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9927-1d7024c2
この記事へのトラックバック