籤で持ち口

2016年05月01日 17:13

579 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/04/30(土) 21:19:12.93 ID:SZUuzKNG
大阪冬の陣が始まろうとする時、大阪城中では関東の出馬を聞いて、諸方の砦、その他外構え等の
普請に傭役を増やしてこれを急いだ。そして豊臣秀頼は、譜代新参の諸大将を召して評定を開いた。
その内容はこうである

「先に命じた各々の持ち口(担当部署)には善悪が有り、それに対して不満も出ている。
そのためもう一度、籤によって持ち口を定めたい。」

これを聞いた各持ち口の頭分の者達は
「最前既に仰せ付けられた持ち口ですから、それに善悪があろうとも今また変更すべきではありません。
また、兵家が籤を用いる時は、故実に従うべきです。
ともかく、そのままに差し置くべきです。」

そう、この件に反対した、

この時、大野治長渡辺糺は籤奉行であったのだが、大野治長がこう発言した
「黒門口は平野口に近く大手の内の要害ですから、かの口三十間は治長がこれを堅めます。」

これを聞くや渡辺糺が怒鳴った
「治長殿のやり方は理解できない!いま、持ち口に善悪があるからと籤を用いようとしているのに、
黒門口は治長自ら堅めると言われる。ならば籤はしないのと同じではないか!?

総じて修理亮殿は万事ほしいままにして諸将を蔑ろにしている事、甚だ奇怪である!今後、慎まれる
べきである!」

しかし治長は少しも屈せず
「黒門口は内側が広ければ小勢を以っては担当できない。それ故にこの治長が、籤を執る前に
これを堅めたいと申したのであって、全く我意を挟んだものではない!
そもそもそのようにいう和殿こそ、却って秀頼公の思し召し良きをいいことに、常に諸士に対して
無礼であるため、人々もこれを悪んでいると聞くぞ!
この治長に意見する前に、先ず自身が謹しまれよ!」

そう荒らかに言い放つと、糺も激怒し
「普段のことはともかく、今度の黒門口は籤の上であれば、特別に治長に堅めさせるようなことはしない!
強いてというなら、余人には渡さぬ。この糺自ら請い取るべし!尚も言いたいことが有れば申してみよ!」

目を怒らし居丈高に成り、肘を貼って叫ぶ渡辺糺に、大野治長も立ち上がった所を、座中の人々が
慌てて両人の間に入り
「御両人はこの城の棟梁の臣なのですから、このような諍論は似合いません。殊に大事を控えながら
朋輩同士が口論するのは然るべからざる事です。第一君の御為になりません!」

そう制したことで渡辺は鎮まり、治長も「私も誤っていた」と謝罪し、各々はその座に帰った。
この諍論に時間を取られたため、籤の沙汰は無くなった。

籤が中止に成ったことを真田幸村は聞くと「さもあらん」と嘲笑った。
そして後藤基次は
「両人の喧嘩は大阪の幸いであったのに、どんな馬鹿者がそれを止めたのか。
この両姦人さえ討ち果たせば、城中の評議は思う様に整って、天晴花ある軍となっただろうに。惜しいことだ」
と、大いに腹を立てたという。

(慶元記)



580 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/04/30(土) 23:16:14.42 ID:q6uhGX3x
いつ見ても城内ばらばらやな

581 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/04/30(土) 23:49:28.24 ID:1l8pvDLb
目立った働きのなかった譜代が目立とうとして必死なんよ

582 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/01(日) 00:06:04.93 ID:x4B2WdUx
突出して凄いのが出てくればよかったんだろうけどねー

583 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/01(日) 00:33:08.56 ID:98MthrCf
そりゃまあそれほど戦慣れしてない譜代は浮足立ちもしそうなもんだ
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    後藤又兵衛や真田信繁から見たら、戦の経験が少なく、協調性のない大野や渡辺が仕切ってるのが不満なんだろうね。

    「真田丸」で、哀川翔さんが後藤又兵衛を演じるらしいけど、滑舌悪いのが心配

  2. 人間七七四年 | URL | -

    又兵衛はともかく、信繁だって大した経験は無いだろう

  3. 人間七七四年 | URL | -

    籤なんかで布陣場所決められたらたまった物ではないから、二人で喧嘩をする振りをして有耶無耶にしたのかもしれない。という深読み

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    確かに大野&渡辺と揃うと仕込み臭がするね。まあサルのシンパの猿芝居を見てる諸将と呼ばれてる牢人共はいたたまれなかっただろうが

  5. 人間七七四年 | URL | -

    秀頼に付いている譜代衆で一番マシな石高を誇るのが大野だけってのがねぇ。
    渡辺なんて数千石クラスだし、それ以外の武将も同じくらい。
    にしても、渡辺って実戦経験あるのかね?大阪以前で活躍した話しを全く聞かない。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    七手組「…」

  7. 人間七七四年 | URL | ZPZR469g

    本来なら速水守久が大野のポジションにいるべきだったんだよなぁ…
    七手組筆頭で4万石の速水が全然出てこず、大野が仕切ってるのを見ると、
    さすがに違和感がありありだわ。ここら辺は淀殿の側近の子なわけで、
    実力とか実績よりそうした縁故を優先した結果が何度も起きる内輪もめと思う。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    まあ譜代がそんなんなんでのぶを総大将案なんてトンデモプランが囁かれてた訳で
    信雄より前に総大将候補だったらしい信包がもう一年長生きしてたらもう少し纏まってたのかな

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※5から※6さん
    あ・スマンです。この場面に名前出て居るって意味だったんだけどそのこと書き忘れてた。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    ・戦国時代の生まれ
    ・血縁
    ・大軍を率いた経験

    豊臣勢の中では実は有力カードでトンデモってほどでもない。
    信雄が凄いっていうより、他が酷いってのが妥当だけど。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    若いころは経験不足にも関わらず過大な地位
    経験が充実してくる頃には所領は雀の涙

    信雄は能力と地位がマッチするタイミングが一度もなかったという点では気の毒だと思う
    父と兄の下で地道に軍歴を積んでいられれば違った未来があったかもしれない

  12. 人間七七四年 | URL | -

    信雄の場合、功績(蟹江城とか)を他人の逸話にされてたり
    バカ逸話(改易時の話)を押し付けられたりする面もあるからさ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9943-14b7f57c
この記事へのトラックバック