週間ブログ拍手ランキング【04/28~05/04】

2016年05月04日 18:47

04/28~05/04のブログ拍手ランキングです!


「政宗はありのままの者である」 28

魔法神社のキュウモウ狸 22

毛利・宍戸の和睦 16
関白任官の理由 11
辻片目をや光らすらん 11

真田幸村は近在の百姓たちに 10
戦場での頓智 10

あの小姓を、彼に恋した男のもとに 9
人を呪う事はあってはならない 9
籤で持ち口 8



今週の1位はこちら!「政宗はありのままの者である」です!
これの記された新東鑑というのは、おおよそ安永年間と言いますから、江戸も中期の成立ですね。
その頃にはもう、伊達政宗という人がこのような、大胆不敵というか傲慢というかw
一種の英雄然として認識されていたらしいこと、面白いですね。
秀吉の評する「ありのままの者」という言葉も、いまから見ても、伊達政宗という人の一面を表していて、良い言葉です。
あんなの天然じゃないと絶対出てきませんからw
色々と印象深い逸話だと思いました。

2位はこちら!魔法神社のキュウモウ狸です!
宣教師が連れてきた謎の生物キュウモウ狸w
そういえば中世では、現在のタヌキと呼ばれる生物は「ムジナ」と呼ばれていた、という話を聞いたことが有ります。
で、ムジナ(アナグマ)が「タヌキ」と呼ばれていたとか。「狸寝入り」というのは、ムジナが擬死する習性を表したのだとか。
とすると伊達政宗に『阿波の古狸』と呼ばれた蜂須賀家政はタヌキではなくアナグマか、とか、いろいろ混乱しそうになりますw
宣教師が連れてきたという由来、魔法神社という名前も含めて、調べていくと様々に面白いことがわかってきそうな
逸話です。

今週管理人が気になった逸話はこちら!毛利・宍戸の和睦です!
毛利と宍戸の和睦、同盟というのは、毛利元就にとってかなり大きなターニングポイントで、これによって
安芸における主導権を確立したとも言えるでしょう。
元就が宍戸をどれだけ特別に思っていたかといえば、例の「三子教訓状」において、宍戸に嫁いだ娘を、
隆元・元春・隆景「同然」と書いていることからもわかります。なにせそれ以外は「虫けら」なのですからw
そして江戸期の間も宍戸家は毛利家中の名家として続きました。そういえば幕末、四カ国連合艦隊に敗れた
長州藩が下関で講和交渉した時、高杉晋作の名乗った偽名が「宍戸刑馬」でした。
この時期、毛利家において家老・重臣といえば宍戸家、という意識が逢ったことがわかりますね。
そんなことをふと思った逸話でした。



今週もそれぞれの逸話に、たくさんの拍手を頂きました!いつもありがとうございます。
また気に入った逸話がありましたら、そこの拍手ボタンを押してやってくださいね!

GWも終盤!皆様、よい休日を過ごしてください!
ヾ( ´ ▽ ` )ノ

僕は本を消化で終わりそうです!( ;∀;)
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    お疲れさまです(*´∀`)

  2. 人間七七四年 | URL | -

    管理人さんも良い休日を!

  3. 人間七七四年 | URL | -

    いつもまとめお疲れ様です。
    twitterの方も楽しく読ませて頂いておりますが、twitterアカウントを持たないので
    こちらで意見をば。

    5月4日5時48分投稿のツイートにて「清正時代の熊本城は本丸のみ~」と書かれておられますが
    慶長16~17年の記録に基づくとされる「肥後熊本城略図」(山口文書館蔵)では
    既に二の丸・三の丸や西出丸が描かれていますよ それに伴う石垣も描かれています

    確かに小天守が無く現在みられる天守より小規模であった事は間違いないし
    区画(曲輪)や通路の構造も現在の熊本城とは異なっています

    それでも東竹之丸が櫓を備えた曲輪で今より大きかったり
    宇土櫓が平左衛門丸五階櫓という名称で存在していたり
    北・西・南の大手門も既に描かれており現在とあまり変わらない部分もあります

    清正時代の熊本城は今の本丸のみ、というのは少し情報が古いのではないでしょうか

    自分のこの意見は「加藤清正 築城と治水(谷川健一編、2006年第一版)」に収録された
    「加藤時代の熊本城について」(北野隆、155~177頁)と言う文章に基づくもので
    ひょっとしたら読み違いや、さらに進展した研究結果などもあるかもしれませんが
    もし機会ありましたらご確認頂けると幸いです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9947-bcb35765
この記事へのトラックバック