徳川家康は、大御所と称した頃に成っても

2016年05月04日 18:49

689 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/04(水) 10:18:36.50 ID:Qmu0dwwF
徳川家康は、大御所と称した頃に成っても、驕るような所のない人であった。

彼は、武田信玄の息女である賢性院と対面する時でも、いつも上段より下っていた。
また鷹狩の折、尾州桶狭間、今川義元討ち死にの場を通ると、必ず下馬した。

またこんな事があった。家康が鷹狩をしている時、そこで駿府法体寺の所化(修行僧)三人連れに
巡りあった。その時家康は

「青々とした一寸の若い松の中に、棟梁の姿あり。聖人も後世恐るべし。彼らもいかなる知識にかならん。」

そう言って下馬した。
また上杉中納言(景勝)に逢う時も、必ず輿より下りて、礼儀厚かったという。

(新東鑑)



690 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/04(水) 10:27:08.84 ID:Huu4TCor
そういえばハプスブルク家の神聖ローマ皇帝は
徒歩で道を急いでいる神父と行きあった時には下馬して馬を貸す慣習があったとか

691 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/04(水) 11:01:00.55 ID:5MLnzDQF
>>689
実態はどうあれ、こういう話が美談として語り継がれる日本っていい国だと思う

692 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/04(水) 13:27:26.73 ID:03ukgPKl
>>689
前半の信玄の娘や義元、未来の聖人かもってのは分かるんだけど
景勝に対して礼儀をとるってのはなんで?五大老仲間だからか?

693 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/04(水) 13:42:07.74 ID:wIDEY8AF
>>692
関係あるかわからないけど、家康は武田信玄に圧迫されてアップアップしていた頃、
上杉謙信からの応援にかなり感謝していたらしい。

694 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/04(水) 17:08:17.31 ID:Y02hg7ib
天下をくれた張本人の一人だからじゃないの?

695 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/04(水) 17:52:41.09 ID:vPmXlx37
江戸時代後期の本だからなぁ、既にいろんな逸話がごっちゃに
なってるんじゃないかな

景勝を礼遇したという話なら秀康が定番だしね。

696 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/05(木) 00:12:52.88 ID:iWWPHNT/
成田「輿から下りて挨拶?」

697 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/05(木) 02:20:24.37 ID:sbF/5fzx
俺なら撫で切りにしてる
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    家康は大名とは言っても常に誰かに頭を下げてるペコペコ人生だったからな。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    家康「これがほんとの下馬将軍」

  3. 人間七七四年 | URL | ZPZR469g

    上杉景勝と家康は天正壬午の乱の時の盟友みたいなもんだしな。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    あれ?新東鑑ってそんなに成立年代新しかったのか
    どっかで1700年代はじめみたいな記述を見た気がしたんだが…詳しい人頼む教えてください

  5. 人間七七四年 | URL | -

    すまん自己解決
    安永年間成立なんだな

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    盟友どころかかなりの期間は敵対状態だよ。

    特に天正壬午の後は、景勝と小笠原貞慶が大激突を繰り返すわ、
    屋代秀正が徳川に寝返るわ、真田が上杉に寝返るわで始終大荒れ状態。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    >また鷹狩の折、尾州桶狭間、今川義元討ち死にの場を通ると、必ず下馬した。

    この記述がホントなら、家康の時代には桶狭間の位置がまだ忘れられてなかったわけだ。
    家康本人も最前線で戦ってたし当たり前なんだろうけど…

  8. 人間七七四年 | URL | -

    茶店の婆にも頭下げたんだろうか

  9. 人間七七四年 | URL | -

    お茶屋のお婆さんに「お餅代払わなかったお詫びに、茶屋と名をあげよう」と言って、お婆さんに平手打ちを喰らう権現様が浮かびます

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    茶屋四郎次郎「異議あり!異議あり!」

  11. 人間七七四年 | URL | -

    つか、浜松市内に銭取と小豆餅なる地名(バス停・交差点の名称として)が残っている由来は、なんじゃらほい。
    それと、ホントに内府様はUNKOを漏らしたのかな?

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※11さん。
    「小豆餅」と「銭取」は、「三方ヶ原で敗れた家康が逃げてる途中で、腹が減り小豆餅を食べてた所が「小豆餅」。
    武田軍が迫り、慌てた家康が銭を払わず逃げ、怒った婆さんが、追い掛けて家康に銭を払わした。のが「銭取」」というのが由来です。
    「う●こを漏らした」というのは、触れないであげてください。

    そういえば、テレビで見た浜松城の「等身大のしかめっ面の家康像」を見て、爆笑してしまいました。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    今日は、新暦で権現様の命日です。ちょうど400年前になります。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9948-c924abff
この記事へのトラックバック