兵部少輔、覚悟せよ!

2016年05月05日 13:50

586 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/04(水) 19:53:39.95 ID:wIDEY8AF
徳川秀忠は関ヶ原合戦の時、真田安房守(昌幸)に防がれ、合戦の終わって後に
美濃に到着したことに、徳川家康は不快に思い、「持病の寸白を発した」と言って、
対面を許さなかった。

秀忠は「さては着陣が遅くなった為、故意に会おうとされないのだ」そう推量し困惑し、
幕の外に出たあと少しく落涙した。
この時、秀忠に従っていた榊原康政、大久保忠隣、本多正信、酒井備後守忠利を
はじめとした御家人たちを一人も召さず、下陣すると言い出した。

井伊兵部少輔直政は秀忠に仰せ言を述べて後に、榊原らに対し荒々と言い放った
「中納言様(秀忠)が遅く上らせ給い、大軍が合戦に間に合わなかったのは、各々の
不覚である!」

しかしこの発言に対し彼らは、家康の機嫌を憚り返答するもの一人もなく、それぞれ
退出した所、酒井忠利は御前であっても所存を臆すること無く言う人であり、
兵部少輔の言葉を聞いてこう思った

『秀忠公の御舎弟、下野守殿(松平忠吉)は井伊の婿であるため、今度の合戦に後見して
鮮やかな戦功があったと聞く。このため、直政はむやみに秀忠公の遅参を言い立て、
忠吉様の御手柄を吹聴しているのではないか?』

そして一人その座に居残り、直政に言った
「兵部殿の先の言葉は心得がたい!何故ならば、中納言様が遅参したのは正当な理由ある
事であり、内府公(家康)が機嫌を悪くされるような話ではない!
それなのに、若き殿の憤りを憚らず、粗忽のことを申されるのはいかなる心中に候や!?」

井伊直政はこれに冷笑した
「言っても返らぬ事だが、天下の人の口にそう懸かってしまう、その口惜しさに申すのだ。」

忠利は屈せず
「例え、本当に誤りがあって内府公の御機嫌よろしからずという場合であっても、格別の時期であるから、
御父子の対面があるように、貴殿こそ申し直すべきなのに、その計らいが無いだけでなく、今更無益の
批判を言うとは何なのか!?
この上も我らと争い、中納言様の御事を悪しく申すのなら、兵部少輔、覚悟せよ!」

そう言いざまに直政に向かって進み寄る所を、側にあった諸士が慌ててこれを止めた。

井伊直政が申す所は、秀忠の身にとって、心良からぬ事であった。並の気質であれば、直政は
秀忠の不審を被ったであろう。しかし秀忠は露ばかりも彼を悪む様子がなく、却って、彼が死去した
時には、深く惜しんでいたという。

(新東鑑)



587 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/04(水) 19:57:53.36 ID:Huu4TCor
家康「真田を無視しとけよ
寸白(サナダムシ)を理由に会わんことにする」
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    直政が早死にしたのは幕府にとって幸いだったのかもな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    信之(ああ…もし刃傷沙汰になってたらと思うと…)

  3. 人間七七四年 | URL | -

    井伊直政と榊原康政って、親友だったんじゃなかったっけ・・・

  4. 人間七七四年 | URL | -

    多分これより後の出来事だと思うけど、直政と忠勝と康政の3人で飲み会やって、その時に直政が康政を励ましたみたいな話もあるし

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ソースが水木しげる先生の今昔物語なんだけど、寸泊下しには酒に胡桃を漬け込んだものが効くらしい。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    どうせ成分同じなら炒って塩で味付けした胡桃で酒を飲みたい

  7. 人間七七四年 | URL | -

    米5
    昔その寸白が国司になってクルミ酒で正体があらわれた話を本スレでちょこっと書いたところ
    (もちろん戦国逸話としてではなく)
    水木しげるのやつで見た!という反応があったが、
    貴公か?

  8. 人間七七四年 | URL | ZPZR469g

    家康にすら、ちゃんと事実関係確認しろって文句言いに行った榊原康政が、
    同輩の直政にこんな風に言われて黙ってるとは思えないんだよなぁ…
    (この一件は康政に対する家康の借りって神誓証文になって榊原家が改易の危機で
     証文出された吉宗が改易を思いとどまったらしいから、多分事実なんだろうし)

    ※3
    仲がいい逸話はあるね。
    ただ、武田旧臣が自分や本多忠勝ではなく、新参の直政の寄騎になったのに対して
    自分らを軽んじられたと激怒した逸話もあるし複雑な関係だったのかも、と思う。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    >>寸白
    家康公は晩年、咳き込んで口から虫を出すと云う話しを聞いた事が会ったのですが、
    こんな頃から調子が悪かったのですね。
    ただ農薬なんて無い時代だから、誰しもこの手の病気には掛かり易かったでしょうね。

  10. 人間七七四年 | URL | JalddpaA

    これは忠利さんを応援したくなるなー
    激高しつつも理に適ってること言ってるし

    というかよくあの直政を前に堂々と反論出来たもんだ

  11. 人間七七四年 | URL | -

    関ヶ原本戦で戦功のあった直政が秀忠のフォローまでしたら遅参組の立場が無くなると思うけど
    直政に食ってかかる暇があるなら忠利が直接家康の前で申し開きすればいい事
    自分たちに非が無いと思ってるならなおさら
    現に康政はそうしたんだし

  12. 人間七七四年 | URL | -

    米七殿
    多分そうです。水木先生の今昔物語、もし、入手可能なら、手元に置く価値はあると思いますよ。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    秀忠は直政の息子の直孝も重宝していたね。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    真田紐に似てるからサナダムシと呼ぶようになったんで、
    この時期はまだサナダムシという言葉ないはず?

  15. 人間七七四年 | URL | -

    つまり後世の創作ですよってことか

  16. 人間七七四年 | URL | -

    たわけうつけまぬけーっ!が書いてあると思ったのに。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9949-b07a12ec
この記事へのトラックバック