うまくこの戦争が終わったら

2016年05月06日 17:53

588 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/05(木) 19:26:09.94 ID:YyOFRyTP
毛利安左衛門は長宗我部宮内少輔(盛親)に属して大坂の陣で戦ったが、生命を助かり、
後に人々にこう語った

「戦場の事については、今時の壮士たちが畳の上で推量しているものとは違って、簡単に
高名手柄の成るものではない。

おおよそ戦場においては、昼夜の境なく心は苦しみ、寒暑を防ぐことも出来ず、兵粮と言っては
黒米を食い、おっ立て汁に塩を舐めてようやく飢えを助け、寄せ手は竹束の陰に武具を枕とし、
霜露に晒されながら夜を明かす。

城中ではなおさら、今や攻める、今や討ち死にすると寝食も忘れて緊張している中、色々な雑説が流れ、
何某は内通するとか、誰は敵を手引して今夜火を掛けるとか、様々な危ういことが、
毎日毎日言いふらされていた。そのため膝を並べる同僚の面々であっても油断できず、片時も
安き心で居られず、手柄高名を心がける以前の問題であり、勇気を折る事しか無かった。

普通の喧嘩であれば、互いの怒りから勇気も出て、死も顧みない心にも成れるが、合戦は敵に対して
私の怒りなど無く、ただ忠と義を盾にして争う事であるから、喧嘩ほどの勇気も出ない。
であるから、十人中九人までは、このような状況に日夜悩まされると、高名立身の望みも失せて、

『うまくこの戦争が終わったら武士を辞め、どんな賤しき業をしてでも、一生を過ごすのだ!』

そう思う者ばかりとなるのである。」

(新東鑑)

大坂の陣に、大阪方で参戦した武士の回想。大阪城内の雰囲気が見えるようです。



589 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/05(木) 19:48:54.52 ID:VjacA46w
織田頼長「せやろ?」

590 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/05(木) 21:50:59.76 ID:tNQfI0do
>>588
大阪の陣って、武士が必要とされなくなる世の中が目前に迫っていて、その恐怖から逃れるために死に場所を求めて参戦する場だと思ってたんだけど

591 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/05(木) 22:23:31.74 ID:jl9/eRDb
大坂の陣に参加する人の多くは、成功できなかった人たちがイチかバチかで行ったけど、
周りも似たような人ばっかりだからまとまらないんだよ

592 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/06(金) 12:19:30.86 ID:DFAR/Q3V
大坂の陣で大阪方に参加したのは、徳川家が改易しまくったせいで無職になってしまった武士たち

593 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/06(金) 14:27:09.70 ID:jeuPwFxy
いや再就職出来なかった奴等だろ

596 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/06(金) 22:22:12.91 ID:mUyupg5Q
>>588
俺この戦争が終わったら武士辞めるんだ(死亡旗)
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    そこいらの人間がこの先世の中がどうなるかなんて予測できるわけないじゃん

  2. 人間七七四年 | URL | -

    予測だけなら誰でもできるだろ。的中するかどうかは知らんが

  3. 人間七七四年 | URL | -

    この戦争が終わったらって死亡フラグやん

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ここまで立ち行けなかった連中が逆転を賭けて集まったが、その場の全員立ち行かなかった連中ばかり。失敗例を万単位で集めても勝てないわな

  5. 人間七七四年 | URL | -

    戦国時代の死亡フラグが…。

  6. 8 | URL | -

    俺らは豊臣圧倒的不利、無理ゲーってわかってるけど、
    当時の浪人はそんなことわからんで、豊臣恩顧大名が徳川裏切って関ヶ原並に再来になる!
    なんて思っててもおかしくないわけで。
    死に場所を捜していたなんて綺麗事で、貧乏人がマルチの食い物にされるような感覚で、
    大阪に行ったんじゃないかなあ。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    >おっ立て汁

    これどういう食い物なんだろう。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    冬の陣開戦直前時点では未だに豊家首脳部には恩顧大名の呼応という妄想が存在した訳で、
    そうした弛緩した感覚は確実に寄せ集めで浮き足立った浪人衆にも感染してたんじゃない?
    夏の陣ではかなりの浪人衆が退城して絶望的な現実も理解されていただろうが、覚悟が座った奴らばかりでもなく、単に逃げるタイミング失した連中も多かっただろうし

  9. 人間七七四年 | URL | -

    秀頼社長、履歴書あったらよかったのにな。

    取り巻きの経歴みたらウンコばっかりやん

    採用した浪人のほうがええのおるやろな・・・。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    大坂の役の落日ってこんな感じじゃないのかなと思っている事が
    こんな風に記されてるのを見るとあらためて興味深い

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    検索したら[ピー]ばっかじゃねえか!どうしてくれる!どうしてくれる!

  12. 人間七七四年 | URL | -

    >7
    焼き味噌をお湯でといた即席汁みたいな感じでないの

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※11
    某大内様「詳しく」

  14. 人間七七四年 | URL | -

    今日明日の生活の見通しが立たない。
    だが大坂城に行けば明日の飯の保証がある!飯を喰わせてくれ
    って武士が大半だったんじゃないかなぁ

  15. 人間七七四年 | URL | -

    ※14
    それ何て派遣村

  16. 人間七七四年 | URL | -

    タイに渡って活躍した山田長政のように、海外に渡った浪人もいた。って聞いたことがあります。

  17. 人間七七四年 | URL | -

    盛親「元大名のわしが浪人どもと一緒にいられるか!自分の部屋に帰らせてもらう!」

  18. 人間七七四年 | URL | -

    真田信繁「俺…この戦争が終わったら、薩摩に旅行に行くんだ…」
    豊臣秀頼「何それ羨ましい。…そうだ、いっそここにいるみんなで薩摩旅行に行かないか?」

    つまり、こういう事ですかな?うん、どう見ても死亡フ(ry

  19. 人間七七四年 | URL | -

    又兵衛「木村殿!ここはわしに任せて引かれよ!」

  20. 人間七七四年 | URL | -

    >>牢人
    おまえらのように 継続した努力ができぬ輩は 本来立身なんて夢のまた夢…
    それでも手に入れたい…… どうしても手に入れたい…となったら…
    これはもう… 命を張る以外ないっ…!

  21. 人間七七四年 | URL | -

    ※16
    元サムライと思われる男が、一念発起して
    太平洋越えてアメリカに行ったが、そこでなぜか奴隷扱いされたもんで、
    俺は奴隷じゃねえ! と訴え起こして奴隷身分を取り消させた、という猛者もいたそうな
    詳しく書ければこのスレ向きの話題になりそうw

  22. 人間七七四年 | URL | -

    ※21
    高橋是清やんけ
    知っとる人は知っとると思うで

  23. 人間七七四年 | URL | -

    海外で浪人としてなら伊達政宗の子孫に凄い人いるじゃん。
    もう武家でなく華族と呼ばれた時代だけど

  24. 人間七七四年 | URL | -

    それ、浪人(失業者)やのうて大陸浪人(活動家)やん・・・。

  25. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    >>豊臣恩顧大名が徳川裏切って関ヶ原並に再来になる
    そんな程度の状況判断も出来ない奴は所詮何処の家だって雇わないって

  26. 人間七七四年 | URL | aE.RE07E

    おっ立てじゃなくて、すっ立て汁ならあった。きゅうりなどの野菜をすりつぶして味噌を混ぜて水で溶いたものだった。[お]と[す]を書き間違えたのかしらね?

  27. 人間七七四年 | URL | -

    浪人って、みずぼらしい長屋で、傘張りの内職してるイメージがあるのですが。
    「島原の乱」は浪人が活躍してたのかな。

  28. 人間七七四年 | URL | -

    ※27殿
    江戸時代とそれ以前の農民が違うように、浪人も江戸時代とそれ以前で違うもので。

  29. 人間七七四年 | URL | -

    そういえば男色が祟って浪人した挙句海外に活躍の場を求めた野球選手がおったな(白目)

  30. 人間七七四年 | URL | -

    おったてるってのは、冷えたものを温め直すことだよ
    お風呂とか味噌汁とか
    日常語だと思ってたけど、俺の地域の方言なのか、若い人にはわからない死語なのか…

  31. 人間七七四年 | URL | -

    ※27
    >>浪人
    現代の浪人なら予備校に行けば沢山会えるぜ!

    ※29
    もう許してやれよ・・・

  32. 人間七七四年 | URL | -

    米29
    怪我のせいだろ!いい加減にしろ!

  33. 人間七七四年 | URL | -

    HSKWTDOK「男色にふける家臣はクビだクビだクビだ!」

  34. 人間七七四年 | URL | -

    ※30
    追いだきみたいなもんか?
    ぐぐってもよくわからんかったが

  35. 人間七七四年 | URL | -

    茶をたてると言う言い方をするが
    そういう意味合いでとくにこれといったレシピがあるわけじゃないのか

  36. 人間七七四年 | URL | USanPCEI

    ※27
    バブル景気の頃〜バブルはじけた直後は特に、
    フリーターや派遣社員といった非正規雇用の人達が、
    企業の戦力としてかなり重視されていた時期があった様に、
    浪人という非正規雇用の武士も重宝されていた時代があるんよ。

    不景気が続きフリーターや派遣社員の必要性が低下し、
    非正規雇用というものに悪い印象が定着したのと同じ様に、
    戦が無くなったら、非正規雇用の武士の必要性が無くなり、
    浪人=無職みたいなイメージが定着してしまった訳だけど

  37. 人間七七四年 | URL | -

    ※35
    茶は「点てる」ではないかな?

  38. 人間七七四年 | URL | -

    ※30
    関西(北摂と近江八幡と丹波)では聞いたことのない言葉だ。
    ためになったよ、ありがとう。
    つまり毎日の飯時も作りたての汁さえ飲めないってことだね。そりゃ荒むよな。

  39. 人間七七四年 | URL | -

    ※37
    点てるは、点茶を踏まえての「たてる」に対する当て字じゃないかな。

  40. 人間七七四年 | URL | -

    固く冷めた飯や具のない冷めた汁に少しの塩を口にしては、敵襲に備えて雨風に打たれつつ、周囲に疑心暗鬼になりながらも仮眠をとる。
    高名にありつこうという気持ちすら折れて、1分でも1秒でも長く生きようって考えに変わる。
    そりゃ士気がどうとかの問題じゃねぇよな。

  41. 人間七七四年 | URL | -

    《実は俺、陣に恋人がいるんすよ》
    《戻ったら求婚しようと》
    とかやってたのか・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9950-f2e443d8
この記事へのトラックバック