FC2ブログ

週間ブログ拍手ランキング【05/05~/11】

2016年05月11日 17:54

05/05~/11のブログ拍手ランキングです


わが一生は清正に騙されたのだ 22
うまくこの戦争が終わったら 22

徳川家康は、大御所と称した頃に成っても 21

明石掃部介の子は 15
兵部少輔、覚悟せよ! 15
小身の益、大身の損 14
浅野幸長の機転・および石川五右衛門の顛末 5



今週の1位はこちら!わが一生は清正に騙されたのだです!
清正重臣、飯田覚兵衛のお話です。コメントにもあるように、実にツンデレですw
覚兵衛が言うように、本当に流れや空気で辞めるタイミングを逃したのか、それとも清正という将に心酔していたことを
人に言うのが恥ずかしいだけなのか。そのあたりを想像するのもまた面白いですねw
それにしても「覚兵衛」は、秀吉が「名を覚えた」ということで「覚」の字となったのですねえ。わりと家康的なセンスのようにも
感じますがwこういう話が秀吉にあるのもまた面白いですw

同票で1位はこちら!うまくこの戦争が終わったら
大阪方についた武士の、後年の述懐。戦場や籠城中の城内がいかに過酷かを語っています。
こういう話には、強いリアルを感じますね。特に大阪城内で様々な雑説が飛び交い、戦う前に精神的に疲弊していた、
という部分、後世の視点から見ても「そうだったのだろうなあ」という感想を持ちます。
軍記物などは、勇ましく戦闘意欲にあふれた話ばかりといっていいのですが、それはこう言った圧倒的な現実が
あったからこそ、ごく一部の勇ましい人々の行動が目立ったのだ、ということも感じさせるお話だと思いました。

3位はこちら!徳川家康は、大御所と称した頃に成ってもです!
徳川家康という人の持つ安定感の一つに、「必要以上に偉ぶらない」というのは確かにあると思います。
自分の偉さを誇示しないというのは、地の性格に加えて、やはりなんのかんので生まれた時から「主君」であったことが
大きいのかな、と感じます。自分で誇示しなくても周りが最初から従ってくれているわけですからね。
その上で若い修行僧に「彼らもいつか名僧に成るかもしれないから」と、下馬するというのは良いお話だと思います。
こういう話は事実か否かではなく、当時、あるいは後世の人間が、徳川家康という個性のどの部分に魅力を感じていたかを
表している、と考えて読むべき逸話なのだろうな、と思っています。



今週もたくさんの拍手を各逸話に頂きました!いつもありがとうございます。
また、気に入った逸話を見つけましたら、そこの拍手ボタンを押してみてくださいね!
( ´ ▽ ` )

今読んでいる本
江戸のファーストフード―町人の食卓、将軍の食卓 (講談社選書メチエ)

本日のメール
SnapCrab_No-0005.jpg
違うから!エロい話じゃないから!
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >戦国ちょっとエロい話
    字面に草

  2. 人間七七四年 | URL | -

    もうエロい話スレもまとめちゃいます?w

  3. 人間七七四年 | URL | -

    蘆名に大内に信玄公とか
    まあ、エロい話もあるよね♪

  4. 人間七七四年 | URL | -

    宗麟「エロい話と聞いて、kwsk」
    秀吉「大友、お主もワルよのう(ゲス顔)」

  5. まとめ管理人 | URL | -

    ※1-4
    突然のR18ブログになってしまう可能性がw

  6. 人間七七四年 | URL | -

    何で突然にエロい話って部分が!?
    正直一連の逸話の話題よりも面白かったですwww

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ブログ検索したら
    戦国ちょっとエロい話
    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-2851.html
    が出てきたんですけど。
    この話のせいじゃないかなあ?
    管理人様にちょくちょくメールが来るのは。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    DQN四天王に対抗してHENTAI四天王を推薦するべき

    ぼくは、畠山義続ちゃん!

  9. 人間七七四年 | URL | -

    秀吉と宗麟は固い

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9955-b215cff2
この記事へのトラックバック