FC2ブログ

細川三斎「パンツじゃないから」・いい話?

2009年01月17日 00:13

259 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/15(木) 22:23:18 ID:7uk4yzcv
今更だけど7話見た、スースーするって
あれズボンだったんだなパンツじゃないものとは知ってたけどw

260 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/15(木) 22:24:06 ID:7uk4yzcv
ごめんなさい誤爆

261 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/15(木) 22:38:56 ID:Yy2PCWJS
でもあれはどう見てもパンツ

262 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/15(木) 22:54:10 ID:PSFDW3pp
パンツスースースレと聞いてやってきますた



263 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/15(木) 23:19:32 ID:WJ9soHie
パンツか、まかせろ

ある日、細川家の御用医師・伊藤三白が、細川三斎に尋ねた。

三白「大阪の陣で、斬られて死んだ者、または重傷を負った者が収容されると、たいてい
   チ○コ丸出しだったそうですが、なぜでしょうか?」

三斎「斬られて血が抜けると身が細って帯がゆるみ、引きずられると下着まで外れるのだ。

   ゆえに歴戦の勇士は 『 もっこ褌 』 と言って、首からヒモをかけて褌につなぎ、
   万が一の時に見苦しくないようにしたものだが、当節は忘れられたのだろうな・・・」

(名将言行録より)

つまり、こういうことです
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org11405.jpg.html




264 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/15(木) 23:24:22 ID:PSFDW3pp
>>263
ヌゥ、茶化すだけのつもりだったが、さすがこのスレの住人はレベルが高い。
感服しましたw

265 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/15(木) 23:35:40 ID:JfqY64Tb
ただの誤爆から逸話に繋げる辺り流石。

忠興も大阪の陣の頃にはすっかり古株だな。

266 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/15(木) 23:40:41 ID:2Y5yW5Q7
相変わらず良い流れですな

267 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/15(木) 23:56:20 ID:bU+qSeXn
>>263
へうげものという漫画で主人公の古田織部がエプロンみたいな褌をいつも締めてて、
アレ何なんだろうと2年くらい疑問に思ってたんだが、思わぬところで合点がいきましたw

268 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 00:00:47 ID:18r1mnlk
工藤かずや・池上遼一の『信長』でもそんな褌つけていて、なんで下着が
こんな上半身まであるんだろうと不思議に思っていましたが、ようやく
判りました。

269 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 00:05:02 ID:1J4b+b6c
>>267-268

(・∀・)人(・∀・)人(・∀・) ナカーマ

270 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 00:13:05 ID:S6wDZGJJ
当世鎧の佩楯(草擦り?)だったっけ、あのフトモモあたりを防御するやつ。
確かあれも腰に巻いた後、ずり落ち防止のストラップみたいのを肩に掛けるんだよね?
すごい機能的で驚いた。

271 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 00:15:44 ID:WSHkWmTd
肩こり大変そうだね。

272 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/01/16(金) 00:16:23 ID:z1iLU81r
入院してた頃褌はかされたが結構いいなと思った
どっかに売って無いものか

273 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 00:20:36 ID:HKOe3hNR
>>263
フォォォオ~!!

274 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 00:33:12 ID:uJ/NCaU2
あれ?褌うってるよねぇ?以前テレビでやってた気が

275 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 00:37:46 ID:WSHkWmTd
クラシックパンツ、とか言うんじゃない? 和装の一種としてもあったような。
うちのじいさんは死ぬまで褌ですた。
確かにもっこじゃないとズレる。油断するとけつの穴とか見えてたw

276 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 00:37:52 ID:y3c77W3e
つーか、こんなパンツまで存在するのか…

戦国武将がモチーフの男の勝負パンツ「甲冑パンツ」!!
http://ruri.crara.cc/archives/2964/

277 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 00:42:21 ID:HKOe3hNR
>>274
クラシックぱんちゅという商品だね。


278 名前:277[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 00:45:56 ID:HKOe3hNR
自己レス
 >275で既出やった....



>>263の三斎おいなりさんに成敗されてくるわ、、、

279 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 00:47:08 ID:DF13G4RF
>>276
欲しいけど、ちと高い

280 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 00:47:17 ID:S6wDZGJJ
>>276
う~ん、個人的には微妙だけど、意外と真面目に作ってるっぽいね。
最初見たときは、いかにも外人が喜びそうなサァムラーイサァムラーイブッシドォー!みたいなコンセプトかとw

281 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 01:02:11 ID:hFk5wiue
>>276
褌は男の最後の着衣だ!紫や金の褌なんかあるか!これこそ己の心の様に輝く白であるべきだ!

282 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 01:06:13 ID:HKOe3hNR
>>281
お侍さん、窯風呂に脇差しを持ち込むのはどうかご勘弁下さいまし……

283 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 01:16:17 ID:4C+P8aqH
脇差を浴槽に持ち込みやがったと思ったら竹光だったぜ
垢やら角質やらを落としてやがら・・・

さて、あいつを真似て持ち込んだこの脇差をどうしようか・・・

284 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 08:05:28 ID:rbglWHCc
入浴中のところを襲撃され「せめて木刀があれば!」と無念の叫びを残して死んだ源義朝の故事もあることだし
風呂場に武器を持ち込むのはそれはそれで武士の心構えといえなくもないな

285 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 08:27:04 ID:sLTnOn+6
>>283
あ~あ、なんてこった。こんなところで脇差なんかさして。
それでは鞘の中も束糸も腐ってボロボロになるぞ、もったいないな~

286 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 09:26:38 ID:zaj1Epw2
>>278
忠興、あるいはゲヒ殿によるお仕置き、。
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org12244.jpg.html

287 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 11:10:38 ID:kqhN1U9H
>>263
越中褌を考案した忠興さんとは思えない発言だ

288 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 11:34:04 ID:otTL21Jo
ガキの頃、子ども相撲で廻しじゃなくて褌締めたことあるが
長い時間装着してるとケツの穴痛くなるんだよな

289 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 11:43:57 ID:zPypGwq4
>276着こなしとしてローライズはいいんだが、アレだな。

>>263からすると、一朝事あるときはフル珍上等・・・という傾いた精神の表現になるのかもしれん。

290 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 12:06:35 ID:4C+P8aqH
>>287
忠興はただの格好付けじゃないからな。

忠興は言わずもがな芸術家としても高名で、彼に武具のデザインを頼む武将も多かった。
俺は甲冑士じゃないとかぶつくさ良いながらも本人の希望通りにちゃんとデザインしてあげる忠興。
しかも作り方から材料までアドバイス付きという細やかさ。
その材料の指定に立物(飾り)は桐にせよ、とあったのを忠興の家臣が聞いて首をひねった。
「桐はもろく折れやすいので、兜の材料としてはむかないんじゃないんすか?」
それを聞いた忠興、
「武士は命を惜しまぬもの、なんで兜の飾りが折れるのを惜しむのか。
 だいたい、なまじ丈夫に作ったら木とかに引っかかって身動き取れなくなったら不覚を取るだろ。
 それに鉄とか丈夫な木材って重いし、戦いどころじゃなくなるって。
 槍働きの邪魔にならないのが一番重要なんだ」

デザインを優先して恥をかいた矢部虎之助に聞かせたい話


291 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 12:34:19 ID:PkXDZZIY
鉄を木材と申したか

292 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/01/16(金) 12:41:13 ID:kxfT9kJA
以前、褌一丁に兜だけかぶって奮戦て話なかったっけ。
あれから時々思うんだが、「褌じゃないから恥ずかしくないもん」アニメを
作ったら結構イケルんじゃないかと。

293 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 12:52:59 ID:PkXDZZIY
あぁ
俺の読解力が不自由だっただけだ

294 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 13:15:15 ID:HKOe3hNR
>>292
(兜を着けて)「褌一丁じゃないから恥ずかしくないモン!」だな。

戦国モンティ・パイソンというか……

北条家中にそういう話はないのかね。

295 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 14:30:25 ID:uJ/NCaU2
褌を色かわっても使い続ける逸話は権現様だよね?

296 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 14:52:33 ID:4C+P8aqH
権現様のは、
褌は黄色に限る、何故ならば汚れが(略
って話だったはず。

297 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 15:40:04 ID:zPypGwq4
>295-296三方ヶ原以来の教訓てかぁwせdrftgyふじこlp;@:

三河武士は文句言いながらもそんな家康についていったけどな。

298 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 15:44:43 ID:C6wVvVJh
>>294
北条じゃないが武田さん家の勝頼さんは部下共々素っ裸で攻城戦を慣行した挙げ句見事落城させた逸話があったはず。

299 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 15:57:25 ID:JbdDxWmC
北条は「ちゃんと規定通りの鎧を着てない奴は北条兵として認めない!」って
法律出してなかったっけ。

300 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 16:00:14 ID:4C+P8aqH
出してる。
北条政権は文治主義の権化だからなw

301 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 16:17:51 ID:TjgeNlEy
>>298
何それ?w
kwsk

302 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 16:22:55 ID:zaj1Epw2
>298 >301
“素肌攻め”と聞いたら絶対信玄の逸話だと思うけどなw 勝頼の武名を高めたんだよね。

303 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 16:28:37 ID:TjgeNlEy
>>302
ttp://s42masa71.ld.infoseek.co.jp/shiro/zen/txt-zen/suhadazeme.htm
調べてみたけど本当にやってるんだなw

304 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 16:57:53 ID:zaj1Epw2
>303うほっ!いい源助・・ゲフンゲフン
勝頼と武田軍団の(武者ぶりの)いい話、ですた >上州膳城素肌攻め


305 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 17:37:35 ID:4C+P8aqH
つか鎧姿に対しての何も防具をつけていない(普段着)という表現が素肌であって、
必ずしも素っ裸という意味ではないぞ。


まあ褌武者がいなかった可能性は否定出来ないし、そっちのほうが面白いしなw
勝頼の今後のイメージが心配ですww

306 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 18:35:11 ID:8fWEI6FK
やるおテル
キリングマシーン富田
リアル鬼の鬼武蔵
鮭様

に続くこのスレでイメージが固まった人誕生か

フリチン四郎

307 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 18:41:25 ID:rK4xch7e
玄以ちゃんも忘れるな!

321 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 21:56:45 ID:zPypGwq4
>>305新説・甲軍(飫富)の赤備え→赤褌+のどわor兜

322 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 22:40:34 ID:Z3WaX15o
>>298
その一方、勝頼の父、信玄は素っ裸で夜戦を敢行した挙げ句、春日弾正を見事落城

323 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 23:04:34 ID:HKOe3hNR
>>322
その素肌「責め」違えぇぇぇーよw

327 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/17(土) 00:37:20 ID:ORkxNyAP
>>306

諏訪四郎どんのビジュアルイメージは、せめて“フリ○ン”じゃなくて“褌と兜のみ”にして下しゃい(違


平服のまま城乗っ取る、ってギャグ抜きで凄い出来事だろうがよ。いやマジで w w

328 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/17(土) 01:06:17 ID:QwBvkjJr
現代で言えばスーツに拳銃&アーミーナイフだけで
武装テロリストのアジト制圧するようなもんだしなあ

329 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/17(土) 01:09:20 ID:/GKlNQqc
>>328
セガールを思い出したw

360 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/17(土) 15:50:12 ID:QEYa8U7b
>>290の話が載ってる「武辺咄聞書」でのその辺りのやり取り

使者承り「折れ申候ては後日に如 何と存候」と申す。
三斎 あ さ 笑 ひ 給 ひ 「兵の戦場に出るは生て帰らんと
不思法也。立物 折ては後日の如何との思案ならは、~(以下略)」

>>290の三災の台詞は語尾に(嘲笑)をつけて読むとよりそれらしいようです。
(武辺咄聞書だと会話の相手は甲冑作成を依頼した者の使者になってる)

ちなみに「木の立物って折れ易くない?」と言われたことに対し「三斎気色変り」とある。
他家の使い相手に外交モードだったのが無風流者撃墜モードに切り替わった
イメージ。


362 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/17(土) 15:57:48 ID:jssNWQK9
>>360
あざ笑うって大声で笑うって意味もあるはず
あと笑止なりも残念ですって意味のはず
でも忠興の逸話で出てくる時はいつもあーバカにして嘲笑してんなって空気が
感じられてしまうのは何故



裸リンク
~上州膳城素肌攻め、ダイジェスト劇場~
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-1011.html
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    諏訪四郎セガールか。

  2. 人間七七四年 | URL | JalddpaA

    管理人様、せっかくだからこちらから「膳城素肌攻め」のエピソードへもリンクをお願いいたしたく。
    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-1011.html

  3. まとめ管理人 | URL | -

    Re: タイトルなし

    リンクしておきましたー。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/996-2b02ac12
この記事へのトラックバック