「お東、留守政景に早く出陣するようせつく」

2016年05月21日 14:50

義姫   
637 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/20(金) 23:16:15.99 ID:PZ8kAf93
人物叢書『最上義光』巻末年表の慶長五年九月二十日に「お東、留守政景に早く出陣するようせつく」とある。
では具体的にはどのようにせついていたのだろうか? 
書状の文面からうかがえる。
「こちらに来て下さって本当にうれしいです!
 大変なことになっているから、ともかく一刻も早く山形に来て下さい。
義光父子もあなたを待っています!
とにかく早く早く、急いで急いで、本当にすぐに来てくださいね!
(九月十九日午前六時頃)」
「昨日はお返事ありがとう。
数を揃えてから山形入りするそうだけど、今日は戦闘になりそうだから、人数揃い次第山形に来て欲しいんです。
最上父子にも何か意見を言ってあげてください。
義光は相手にも都合がある等と口では申しておりますが、
ともかく早く来て欲しいんですよね。
全員揃わなくても、あとから来る部隊は誰かに任せてもよいのでは?
急いで来るなら、義光のあなたへの好感度もアップすることでしょう。
ともかく急いでください。今日の昼前には来て下さい。
一刻も早く来てください。
一戦交えたあとで遅れて来るのでは、あなたのためにもならないと思いますよ。
ともかく早く!(九月二十日午前四時頃)
「今日、使者は送ったけどお手紙遅れなくてごめんなさいね。
あなたの宿舎も窮屈で退屈ではありませんか。
こんな緊急事態で義光父子も何のお構いもできなくて、ごめんなさい。
でも、あなたと私は親しいんだし、義光の前だからって遠慮しなくていいんですよ。
義康はまだ若いから失礼があったらごめんなさい、
私はあなたと義康の間をとりもつから安心してください。
何かご意見ありませんか? 
そういえばあなたのご家族、元気にしていますか?
息子さんもきっと大きくなったでしょうね。様子を聞きたいものです」
さらには上杉撤退後。
「帰陣されるって聞きました。決着はついたから、帰るのもありですよね。
でもまだ籠城している残党がいることですし、まだ一戦ありそうでして。
だから、ちゃんと決着がつくまで戦って欲しいんですよね。
それから帰っても遅くはないでしょ。
義光も内心はそう思っています。
私にそう相談してきましたからね。
でも、あなたにとどまって欲しいというのはあくまで私が考えていることです。
政宗のおかげで最上が助かったことは天下に知れ渡っていますから。
だからこそもうちょっと最後まで見守ってもらえたらな、って。
遠くに行ってしまったら援軍を頼んでも仕方ないって、義光も言うんです。
もう三~五日ですから、留まってください。
そうやって落ち着くまで滞在した方が政宗の評価もアップすると思います」
さらにはお東侍女・小宰相からもこんな手紙が。
「政宗(原文でも呼び捨て)が会津に向かうからあなたも早々に戻るそうですが、どういう理由かお聞かせいただけますか。
山形は敵が撤退したといえども、まだ近隣には残党がいます。
あげくには忍びやゲリラ部隊を使って活動させているとも聞きます。
まだ最上勢は少なく、城の奪還もできず、劣勢の中敵をくいとめている状態です。
最上家は滅亡の危機にあると、ここに伝えさせていただきます」

こうした必死の要請を受け、政景はその後も山形に滞在し、
最上家は危機を脱した。
それにしても、政宗からは深入りするなと釘を刺され、
一方でお東からこんな手紙が毎日のように届く政景の気持ちを想像すると、
胃が痛くなるかもしれない、ちょっと悪い話なのか。
それとも必死で手紙を書くお東のちょっといい話なのか? 迷うところ。



640 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/21(土) 17:12:29.73 ID:LAEUGsmI
>>637
お東って誰?と思ったら義姫のことなんだね。
これでもかと引き止めててワロタ、帰りづらいってレベルじゃねーw

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    この文面のくどさ、鮭様の手紙と同じじゃないか・・・
    やっぱり似た者兄妹だったのかなぁ。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    タイトル見て、最初「お東、留守政景と●●●●」と早とちりして、赤面してしまいました。
    疲れてるみたいです

    (。´Д⊂)「お義が、そんなふしだらな妹じゃない」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    なんか政景何時も苦労してるような……

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    ハハッ、そのうち居留守政景になるかもな!

  5. 人間七七四年 | URL | -

    (´・ω・`)「お義・・・(ホロリ)

    留守政景「お東様・・・(ホロリ)

    (# ●Д゜)「ホロリじゃねーよはよ帰ってこんかい ゴラァ!

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※4殿、お義さまから饗応のお誘いがきておりますぞ

  7. 人間七七四年 | URL | -

    留守さんにとって義理の姉だから邪険にもできんしな

  8. 人間七七四年 | URL | -

    政景さんて優しい人というか粘り強い人という印象だよね。
    兄の輝宗や甥のまー君にとっては頼りになる身内だったけど、
    大崎合戦でまー君と揉めた、政景岳父の黒川晴氏の晩年を、まー君の勘気から守ったりもしている。
    この時もかなりの板挟みだったと想像するけど。
    ホント苦労人。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    まー君と関わって苦労しなかった人の方が珍しい気がしますなw

  10. 人間七七四年 | URL | -

    信之「留守殿の気苦労、よく分かる・・・」
    信繁「兄ちゃん、焼酎代よろしく。」
    小松「こっちは、お前の弟のお陰で火の車だ。お小遣いなしな。」

  11. 人間七七四年 | URL | -

    こういうエピソードを見ると、義姫は伊達家の母というより最上家の女って部分を大事にしてる感じがしますね。
    鮭様に過剰に好かれたわけが分る気がします。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    >義姫は伊達家の母というより最上家の女って部分を大事にしてる

    この時は最上家の危機だったってだけでしょう。
    逆に大崎合戦の時は義光の面目を潰してまで最上軍を退かせて、伊達家を危機から解放しているわけですし。
    生家も嫁ぎ先も大切にした、優しい女性なのかなと思います。

    しかしそれにしても最上家や伊達家は縁戚関係もあって、色々と細やかで複雑な感情がありそう。
    後世から見た単純な敵対関係では語れないような要素が、書状の中からは読み取れる。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    >>8
    鬼庭周防守「名前伏せますけど、梵天丸様がおられなければ、30年は長生きできたと思います」ヽ(*´∀`)ノ

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ※13
    剣吉彦太郎「私だって主家の跡目争いさえなければあと30年ぐらい」

  15. 人間七七四年 | URL | -

    >>12
    完全に同意。
    この状況で「私は伊達家の女だから」って援軍要請しなければ、自分が身を寄せている最上が滅びるんだからこの行動はごく当たり前。
    こんな当たり前の行動すら「やっぱり実家の方が大事なんだ」と変なバイアスかけられるのどうかと思う。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    真田某「弟が豊臣に付かず、孫が騒動を起こさなければ、10年長生きできたかのう。」

  17. 人間七七四年 | URL | -

    >こんな当たり前の行動すら「やっぱり実家の方が大事なんだ」と変なバイアスかけられるのどうかと思う。
     
    どうも自分の言葉に誤りがあったようです、すみません。
    義姫の感情面を焦点に当てたいのではないのです。
    また伊達家と最上家、それぞれを繋げる利の面を冷静に分析し、その為に上手に立ち回る聡明な女性像が珍しいと思ったわけでもありません。
    政略婚とはいえ両家の信頼関係を最後まで守ろうと働きかける人徳のある人という印象に、何か意外性を感じたのです。
    最初に義姫を知ったのが『花の慶次』だからかもしれません。

  18. 人間七七四年 | URL | -

    漫画やテレビの義姫は、政宗を疎んじたり、政宗が当主になったら、輝宗に「小次郎に継がせろ」と、ヒステリーを起こす母親で描かれるけど、息子思いあり、最上家の行く末を案じる女性だったんですね。

  19. 人間七七四年 | URL | -

    関ヶ原の時に最上家にいた理由も、昔は「政宗暗殺に失敗して実家の最上家に逃げた」と言われてたけど、最上家に移ったのは小次郎事件後4年も経った1594年だし、その間朝鮮出兵した政宗とはねんごろな手紙のやり取りもしてるしで、どうも不自然なんですよね。

    彼女も服部天皇歴史観の被害者なのかもしれません。

  20. 人間七七四年 | URL | JalddpaA

    政宗も母(義姫)のことめっちゃ大事にしてる時点で暗殺とかどこから出てきたんだって話だよな

  21. 人間七七四年 | URL | -

    「義姫による政宗暗殺未遂」は、
    伊達家の「治家記録」にもそういうくだりがあったはず。
    だから「母による暗殺説」が今でも流布しているわけで。

    そして「義姫の山形出奔」も実際にあるにはあったけど、
    9殿の言うように、実際の事件の四年後だったという事が、
    近年発見された虎哉和尚の手紙から裏付けられた。

    という事で、掘り返された事実と、
    伊達家の記録(江戸期に編纂されているから、色々内実はあると思う)の不一致という、
    「真実は藪の中」的な事が続いているのが現状やね。

  22. 人間七七四年 | URL | -

    >政宗(原文でも呼び捨て)

    またか!

  23. 人間七七四年 | URL | -

    政宗の毒殺未遂自体が
    遅参の言い訳の一つとしてでっち上げられたもので、
    でっち上げを押し通したからこそ伊達家の公式文書でもそうなってるんだったりして。
    弟とその傅役死んでるけど。

  24. 人間七七四年 | URL | -

    義姫再評価の流れいいゾ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9974-6b0cfeca
この記事へのトラックバック