FC2ブログ

伯父のもとにいたいか、継母のところにいたいか

2016年05月22日 11:01

755 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/21(土) 23:23:54.00 ID:w5+VKuAW
 下京にちと裕福な者がおり、男子が一人いた。その子は二歳の春に母と死に別れた。
継母をもらったときの男子の境遇には同情するも、さすがに男やもめで日々を送るわけにもいかず、
男は再び妻を求めて後妻を置いた。しかしその子が六歳の春に、父も病の床に伏した。
快復がかなわない事を分かると、兄に向かって、

「私の子はまだ幼いので、あなたのもとで養育してください。
成人したら家をその子に渡してください。」

と言い置きを残し、ついに亡くなった。
 遺言のように、その子を伯父の方へ呼ぼうとすると、継母が

「我が腹から出なかったばかりに、どれほど辛苦して年月を育てたことか。
この後にまた夫をとろうとは思ってません。髪を剃り、あの子を育て家を盛り立てます。
けっしてそっちへは渡せません。」

と怒り、双方が伊賀守(板倉勝重)の前へ出た。

「いずれにも言う所の理がある。それなら子供をここによこせ」

と呼び、子供を膝元でなつかせられた。
炬燵にあたらせたり、菓子などをやって食わせたりして、子が安心した顔つきになったところで、

「そちは伯父のもとにいたいか、継母のところにいたいか」

と問われると

「伯父のところにいたい。」

と言う。

「そうならば、もとの所にいけ。」

と戻してやった。
 伯父と後家は子の手を取って奪い寄せる。子は泣く泣く伯父の膝に座った。
伊賀守は、

「まずしばらくは伯父の方に預けよ。とかく子は伯父になついているようだ。
その後のことは、そのときに考えるとしよう。」

と物柔らかに言って双方を帰された。
(醒睡笑)



756 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/22(日) 06:55:47.91 ID:sMOQ9/Iz
>>755
伯父と継母でひっぱりあいこして離した方に行かせるんかと思ったら違った

757 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/22(日) 08:45:21.22 ID:00wt5hra
大岡裁きの元ネタの人

758 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/22(日) 12:50:48.12 ID:+eqi60iP
>>755
>「まずしばらくは伯父の方に預けよ。とかく子は伯父になついているようだ。
>その後のことは、そのときに考えるとしよう。」
すげー柔軟でいいな

759 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/22(日) 18:01:03.45 ID:3BcdrjFR
>>758
こう言う柔軟さがないと長年京都所司代は務まらなかったんだろうな。



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    言おうとしたことを757さんに言われました。
    勝重さんは、庶民から将軍に相談され大変ですね。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    結局遺言通りなんだけど今の4,5歳の子に決めさせるってちょっともやっとする

  3. 人間七七四年 | URL | -

    元就「継母が哀れじゃないか。わしは同じ境遇で、継母と暮らしたけど幸せだったぞ?」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    子供でも本人の意志を尊重しないとうまくいかないからな。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    まず子供をリラックスさせてからってあたりホント賢い人や

  6. 人間七七四年 | URL | -

    継母の気持ちは分からないでもないけど、夫の遺言を聞かないってのもそれは問題だしね。
    少なくても、子供に対して情があるのは確かですね。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    柔軟というか
    事勿れ主義なんじゃ…

  8. 人間七七四年 | URL | -

    「事勿れ主義」ではいかんのか?
    人権だとかが保障されてる現代人として思うことはあっても、
    訴訟を扱う仕事にとっては1つの最適解だと思うがな。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    幕末の阿部正弘も、調停者に徹して国難を乗り切ろうとした人という評もあれば、決断力の無い優柔不断な人という人もあるしね。

    板倉さんの場合は、自分の裁定への不満=お上への不満になっちゃうのを避けるために、双方納得しやすい解を出そうと努力してる気がする。それが事なかれ主義に見えるのは、現代の視点だからじゃないかなぁ。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    現代の視点を持つに当たって、戦国時代に絡めないと駄目なんだってさw

  11. 人間七七四年 | URL | -

    どんな視点からコメントしても自由だけど
    コメントした以上別視点からの反論が来る事もあるって話じゃないの
    ほとんどの米主さんは「こういう視点もあるよ」って言いたいだけで別に怒ったりダメだと言ってる訳じゃないと思うよ

  12. 人間七七四年 | URL | -

    養育権の争いは今なら家庭裁か
    殺人から万引きまで裁かにゃならんのは大変だな

  13. 人間七七四年 | URL | -

    裁く方は大変だろうけど自力救済で互いに争いだすよりは良いからね。
    戦国期の以降の裁判制度の整備と低価格化は目を見張るものがある。

  14. 人間七七四年 | URL | JalddpaA

    民衆同士が面子をかけて勝手にドンパチやってたのが戦国期以前でしたからね
    江戸時代というのは現代の法治国家へと至るエポックメーキングだったのだなと思わざるを得ません

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9978-5d71c5c7
この記事へのトラックバック