良き家人は持つべきことである

2016年05月23日 17:14

760 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/23(月) 03:52:55.26 ID:DB6+UDb0
大坂陣の時、尾張の家士である曽根某という者は16歳になる嫡子を出陣させた。

その時、曽根は譜代の家人某を呼び、「今度、嫡子の初陣に其の方を添えて遣わすので、
私に代わって取り扱い相応の働きを致すように頼むぞ」と、言った。

家人は「畏まり候。決して御気遣いなさいますな」と答えて、嫡子に付き添い出陣した。

さて、戦場に至り、良い敵を見付けると家人は、「槍をお付けください」と言って主従で
打ってかかり、やがて嫡子に首を取らせた。家人はその首の切り口で嫡子の顔を撫で回し、
また流れた血をすくって具足に塗り付け、その首を鞍に付けて嫡子を先へ立たせて、
自身は後ろに下がった。

白糸の冑や白馬に血が付いたその有り様は凄まじく、いかにも一騎当千の働きをしたように
見えたので、人々に感賞しない者はいなかった。これにより嫡子自身も勇気が進み、さらに
手柄があったということである。

良き家人は持つべきことである。主人の曽根は6百石であったが、この家人に百石を与えた
ということである。

――『明良洪範』

関連
家人、曽根某の長男に初陣を飾らせる・いい話


761 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/24(火) 22:12:11.22 ID:Z6pSqmZD
>>760
ここまでしても、実戦がもうこれっきりってのが寂しいな。大阪の陣で16なら、島原の乱にも参加できたのかな?

762 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/25(水) 02:28:48.29 ID:kEuPHOo0
たしか町人と喧嘩して切腹お家取り潰しだったはず

764 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/25(水) 15:29:25.35 ID:i+otzPX9
>>762
いい話の後になんてオチだ…。

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    天庵「小田家も、この家人のような者がいたら、佐竹に負けなかったのに。」
    菅谷「(震え声)天羽殿の遺言を無視して、討って出て、大事な家臣を死なせたのを、お忘れか(怒)」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    以前とちょっと違うバージョンですね?でもやっぱり武士らしい良い逸話です。
    嫡子に付けられる位だから、普段から信頼されていたのでしょうね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9979-ce16dcfb
この記事へのトラックバック