FC2ブログ

「義祐様を押し籠めよう」

2016年05月30日 18:04

773 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/30(月) 09:45:32.35 ID:v9uyzl3r
天文20年(1551)、日向の三位公(伊東義祐)は大仏堂の建立を思い立ち、先ず南都(奈良)の
仏師・源五郎兄妹を召し下し大仏を造らせ、大仏堂は大工の奥野筑前守に命じて、同年6月8日より
柱立した。何れも程なく成就したため、その年の12月28日に大仏を安置した。

翌天文21年、今度は佐土原に寺を建立し、金柏寺と名付けた。
同年10月28日、大鐘を鋳てこれを寄付した。その銘文に『日薩隅三州太守藤原義祐』云々の文字があった。

また、海道衆と号した10人の僧侶に笈(修験者や行脚僧が仏具・衣類・食器などを入れる箱)を背負わせ、
昼夜仏名を念じて歩行させ、或いは5人づつ左右に分かれて終日仏論を論議させ、三位公自身も
袈裟を着て捨身の行を行った。
また、或いは諸僧を集めての法問を行った。

三位公のこのような仏教への耽溺は、伊東家中の行儀を乱し、我儘の事のみであったため、国内からの
嘲りも多く、諸大将も国家の大事と思い、密々に評議を行って、「義祐様を押し籠め(強制引退)よう」
となった。

しかしここで、落合源左衛門尉兼永が異論を唱えた。彼は伊東家諸将の中でも忠勇無双の男であり、
諸将の評議を聞いた上で

「一度諌めてそれでも承知なければ、そういうやり方もあるだろうが、最初から少しも諌めず
押し籠めを行うのは、臣たる者の道ではない。とにかく私に任されよ。」

そう言って家にも返らずそのまま君前に出て、諸将の疑念をありのままに言上した。
彼は三位公の顔を見て声柔らかに諌めると、三位公も自分の行いを大いに悔悟し

「以後は何であっても各々の異見に従う。」

そう言って以後行いを改めた。
「思っていたのと違い、賢君であられる。」これに日向の人々は安堵の思いを成した。

(日向纂記)



スポンサーサイト





コメント

  1. 名無しさん@ニュース2ch | URL | -

    現代にいたるまで何人のバカ殿に更生の余地があったかな?

  2. 人間七七四年 | URL | 4JcWZNxE

    そのまま賢君であったなら後の伊東崩れは無かったろうに。

  3. 人間七七四年 | URL | aE.RE07E

    奈良の宿院仏師の作品が宮崎に残っているな。宮崎市の長久寺の六観音像が永禄6年の銘記があるが、日向まで行って作ったわけではないらしい。けれども以前に日向に行ったことがあるかもしれないなら面白い話だ。それから宿院仏師の系譜をみたが、源三郎・源四郎・源五郎・藤千代丸…とあったが、妹と思われる名前は…なかった

  4. 人間七七四年 | URL | -

    天正六年、伊東家再興を名目に日向に侵攻した大友勢が寺社を片っ端から破壊していく有様を義佑はどう感じていたんだろうね……

  5. 人間七七四年 | URL | -

    義益が死ななかったら名君のままだったのかなー

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    義益には然したる実績もないのに、死んだ際に家中の皆が剃髪したほど悲しんだのを鑑みるに、義祐の治世に戻るのを悲観したのではないかと思えてしまいます

    なので、義益が死ぬ前から元の性格に戻ってたのでは

  7. 人間七七四年 | URL | -

    天庵さま「なに、名君にも悩みは多いのじゃよ」

  8. 人間七七四年 | URL | -

    景勝「あんたは悩まず迷君を地でいってるでしょうが。
    名君ってのは眉間の皺が消えないような人を言うんだよ、なぁ?毘沙えもん」
    謙信「そ、そうだね…(後継を決めなかったワシに対する当て付けか~!?)」

  9. 人間七七四年 | URL | ixivxIWw

    ※2
    その前の合戦で大敗して重臣たちを失ったのが大きい。国人衆が島津有利と判断して鞍替えしてしまった。
    それから仏教情勢も複雑で伊東家系の日蓮宗と土持家系の一向宗の反目もあった

  10. 人間七七四年 | URL | -

    小田家家臣の皆さん
    「押し籠めたら、忠告聞かないで、暴走やめるかな。」

  11. 人間七七四年 | URL | -

    今も昔も本当の完璧超人なんて居なかったと思う。
    だからこその人の魅力なのかも?
    情勢的に本人の質でどうにかなる状況じゃなかった人も居ますしね。

    ただし一条パウロ、テメーはダメだ<あくまでも個人評です

  12. 人間七七四年 | URL | -

    所詮、負けた人間は何言われても仕方がない。
    うえの天庵も一条も然りだ。
    ただし、義統だけは本当にダメだ。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    一条兼定って大友の力を借りながら毛利の伊予侵攻まではイケイケだったから過小評価と個人的に思う

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ※13
    家臣は殺すわ、長宗我部には負け続けるわ、家臣にまで見捨てられてるのに?
    政治的にも何か実績残したかな?

  15. 人間七七四年 | URL | -

    家臣手打ち→否定出来ない
    長宗我部に負け続け→伊予侵攻以後の出来事
    家臣に追放→小島氏等は追放した家臣と戦う
    実績は家名断絶した他の家みたいに知りません

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9994-c9119ad1
この記事へのトラックバック